TOP > ニュース 一覧

【ONE】ムエタイ世界GPで激突する内藤大樹「優勝しないと今までが無駄になる」スーパーレック「家族の将来のため」=5.20

2022/05/18(水)UP

ONEで活躍中の内藤(右)が、ムエタイWGP制覇を目指す(C)ONE Championship

 5月20日(金)にシンガポール・インドアスタジアムで開催される『ONE 157』のフライ級ムエタイ世界グランプリ1回戦(準々決勝)で対戦する、内藤大樹(26=Bell Wood Fight Team)と、スーパーレック・キアトモー9(26=タイ)のインタビューが18日、主催者から届いた。

【動画】ピンポイントで撃ち抜く!内藤が相手からダウンを奪う瞬間

 現在の状態を「ベストの状態というか、日々進化し成長している」と語る内藤。対戦相手のスーパーレックについて「今までの中でもトップレベルの相手。ONEに参戦する前からスーパーレック選手のことをずっと知っていますし、戦績を見ても強い選手だってことは分かります。この戦いが決まって、この選手に勝つためにやってきたので金曜日が楽しみです」と気合十分だ。

高いミドルを放つスーパーレック©️ONE

 このトーナメントには、内藤にONEで唯一の黒星をつけた元同級王者のジョナサン・ハガティーが隣の山でボルター・ゴンサルベスと戦う。もしハガティーが勝ち上がった場合、次戦で待っているのはハガティーとなるが、そのことについて「今はスーパーレック選手との試合のことしか考えていないですけど、ハガティー選手には負けているので必ずこのトーナメントでリベンジしたい」と雪辱にも意欲。

 続けて「このグランプリを優勝しないと今まで勝ってきたのも無駄になると思いますし、それくらい大事なトーナメントだと思っています。必ずベルトを取ります」と並々ならぬ決意を語った。

 対するスーパーレックは内藤について「彼は日本でも最高レベルのファイターの一人。強い相手だし、スピードがあり良い蹴りを持っている。それでもこの試合では僕が優勢だと信じています」と警戒しながらも、勝利への強い自信を覗かせる。

 スーパーレックは最後にこのトーナメントについて「もしこのトーナメントでベルトを取れれば、それは自分のためだけでなく家族の将来にとっても意味のあることです」と、支える家族のためにも負けられない戦いであることを強調した。

 過酷なトーナメントの初戦突破を目指す両雄。果たして、勝利の女神が微笑むのは、内藤か、スーパーレックか。

▶︎次ページは【動画】ピンポイントで撃ち抜く!内藤が相手からダウンを奪う瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】5.20『ONE』青木真也、内藤大樹ら出場=生中継・放送・配信情報

・【ONE】内藤大樹、クレベルとの喧嘩スパーで実力アップ! 強豪スーパーレックを倒してONE世界王者へ突き進む=5.20

・【ONE】ムエタイWGP開催決定!”破壊神”ロッタンら超強豪揃う、内藤大樹は初戦でムエタイ大物・スーパーレックと激突=5.20

・【ONE】青木真也がグラップリングで再起戦、19歳の双子兄ケイド・ルオトロと対戦「首を絞められていく仕事」(青木)=5.20

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧