TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】足ひねった?いや時間差KOだ!新星オリンピアンが見せた一瞬の右

2022/05/23(月)UP

最初は足でも捻ったかに見えたが、時間差のKOだった(TOPRANK YouTubeサムネイルより)

 5月22日(日本時間)、ラスベガスのアリムハヌリvsディグヌムのWBO世界ミドル級暫定王座戦のアンダーカードで興味深いKO劇が起こった。
 KOしたのはプロ4戦目(無敗・2KO)で東京五輪の米国代表タイガー・ジョンソン(23=米)だ。ウェルター級6回戦で、相手は8勝4敗のアグスティン・ジェルバルド・クチャルスキー(アルゼンチン)。
 試合途中、このクチャルスキーが大ぶりでパンチを振るい空振りしたところ転倒。足でも捻ったかと思わせたが、スローで見ると、何とその前に高速スピードの右が入っていたのだ。

【動画】この時間差KOの瞬間

 このKOがあったのは3ラウンド目、2度のダウンがあり、最初のダウンでも右の大振りスイングをしながら倒れている。そのときはスイングの前にタイガーの右フックが入っているのがわかるが、2度目のダウンはモーションが小さいのもありわかりにくいが相手がパンチを振りかぶる前に既に右ストレートをヒットさせており、まさに”蜂のように刺す”かのようだ。

 相手は左に体を倒しながらかわしたつもりだったが被弾していた。しかし相手はそこから大きく振りかぶり左フック!空振りするとそのまま崩れ落ち、コーナーからタオルが投げ込まれた。スローや別角度で見るとその一瞬のひと刺しは見事。

 これでタイガーは4勝3KO無敗に伸ばした。タイガーはアマ時代、五輪代表の他に2016年のユース世界選手権で金メダル、2019年のパンアメリカン競技大会で銅メダルを獲得。このオリンピアンの今後の活躍に期待される。

▶︎次のページは【フォト&動画】高速のひと刺し!この時間差KOの瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・アリムハヌリが豪快な失神KOで暫定王者に!エンダム、ブラントをもKOした圧倒的強さ見せる

・パッキャオに謎の”激痛”トレーニングの真相を聞いた

・衝撃KO、まるでロッキーだ! わざと殴らせる激闘で期待…も一転、ロープ外へ崩れ落ちるKO負け

・チャーロが4団体統一!その衝撃KO動画が話題「恐ろしいKOだ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧