TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】パッキャオに謎の”激痛”トレーニングの真相を聞いた

2022/05/23(月)UP

棒で叩かれる激痛のパッキャオ、このトレーニングの真相は?(Team Pacquiao YouTubeより)

 ボクシング世界6階級制覇王者で昨年引退したマニー・パッキャオ(43=フィリピン)がチャリティイベントで来日中だ。編集部ではパッキャオに21日に取材し、以前から気になっていたあるトレーニングについて聞いた。それはパッキャオが激痛に顔を歪めながら棍棒で腕、ボディを叩かれ続けるものだ。

【動画】パッキャオが顔をゆがませ耐える!この激痛トレーニング

 ただ単に叩いてその箇所を強くする部位鍛錬なのか、また、鍛えたい筋肉を叩かれることにより、自然とそこに意識が行き、筋肉のパフォーマンスを上げるタッピングというトレーニングなのか、インタビューに答えたものが見つからず謎だった。

このトレーニングがオススメだ、とグッドポーズを記者に見せるパッキャオ

 このトレーニングはどうやら「NO PAIN NO GAIN!※痛みがなくては何も手に入らない」と呼ばれているようだ。
 来日中の機会に実際にパッキャオに会って話を聞くと「痛みに耐えるようになるためだ」という。そしてファイティングポーズを見せ「試合しているときにパンチを受けたり、ぶつけたりする。そのため、普段から棒で叩くことで痛みに慣れておくんだ。心も身体もね」と語り、このトレーニングがおすすめとグッドポーズを記者に見せ「オススメだ」と語った。

 このスティックで叩かれることは、そんなに痛く無いようにも見えるが、パッキャオは「このスティックは本当にすごく痛いんだ」と語った。
 この木製のスティックはフィリピンの武術「カリ」で使われるスティックのように見える。素材はラタンでできており、武術で使用するだけあってダメージを受けやすい。

 動画では激痛に耐え、何セットも重ねているパッキャオ、ボクシングのみならず、その他格闘技の選手も試してみてはどうだろうか。

▶︎次のページは【動画】パッキャオが顔をゆがませ耐える!この激痛トレーニング

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【以前の記事】パッキャオ苦悶の表情、この激痛に耐える鍛錬法は一体!?

・パッキャオが来日、6.7井上vsドネア戦の予想も語る

・パッキャオがチャリティイベントに登壇、”金”の直筆サイン入りグローブを竹内力が落札

・【昨日の試合】メイウェザーがエキシでダウン奪う猛攻、かつての動き見せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧