TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】ゴロフキンvsカネロの3度目の対戦が9.17正式決定!完全決着なるか

2022/05/25(水)UP

カネロとゴロフキンの第3戦が9.17正式決定した(c)DAZN

 4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(31=メキシコ)とWBAスーパー&IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)の3度目の対戦が、9月17日(現地時間)に行われることが正式に発表された。
 プロモーションの英マッチルームと、生中継を担当するDAZNが本日25日に発表。これまで2戦はミドル級で行われてきたが、今回はミドル級のゴロフキンが1階級上のスーパーミドル級に上げ、カネロの4団体のベルトに挑む。

【動画】両者のこれまでの激闘、そして2戦目は両者とも流血

 カネロは「私は最高の試合を提供できることにとても幸せと誇りを感じている」
 ゴロフキンは「9月17日にお会いできることを楽しみにしている」
 マッチルームのエディーハーン氏は「カネロ対GGGの3部作はボクシング界最大の試合であり、9月17日に実現したことを嬉しく思う」とそれぞれコメントした。

 両者の初戦は引き分け(17年9月16日)、2戦目はカネロが2―0で判定勝ち(18年9月15日)。しかし2戦ともゴロフキンが勝利しているという声も高く、この3戦目で白黒をはっきりつけるか。
 2戦目に勝利したとき、どちらに転んでもおかしくなかったというインタビューの質問にカネロは「もし再戦、3度目の正直を求めるのならば、しっかり家族と休みをとって、それでもやりたいと思う」とコメントしていた。

 カネロは今月7日の試合でWBA世界ライトヘビー級王者のドミトリー・ビボルの王座に挑むも判定負け。スーパーミドル級の防衛に集中する。ゴロフキンは4月9日に村田諒太をTKOで下しこの一戦に挑む。

▶︎次のページは【動画】両者のこれまでの激闘、そして2戦目は両者とも流血

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ゴロフキンがTKOで王座統一に成功、村田諒太は大健闘も9ラウンド剛腕に沈む

・カネロがまさかの敗戦!1階級上の王座挑戦も無敗王者ビボルに後半被弾多く判定に差

・パッキャオが来日、6.7井上vsドネア戦の予想も語る

・メイウェザーが天心を激励、武尊を分析しアドバイスも

・【ボクシング】足ひねった?いや時間差KOだ!新星オリンピアンが見せた一瞬の右

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧