TOP > ニュース 一覧

【ホーストカップ】四冠王・小川翔が、スアキムとも王座争ったムエタイ王者と対決=7.10

2022/05/31(火)UP

タフな王者・小川(左)が元ムエタイ王者テーパプット(右)と対決

 7月10日(日)名古屋国際会議場大会で開催される『HOOST CUP KINGS NAGOYA11』の対戦カードが発表された。HOOST CUP日本Sライト級王座ほか、4冠を持つ小川翔(OISHI -GYM)が元ムエタイ王者の強豪を迎える。63kg戦(3分3R 延長1R)で、タイ7チャンネルTVの元スーパーフェザー級王者テーパプット・シンコウムエタイ(新興ムエタイジム)と対戦する。

【動画】小川がとどめのフック一撃で1R KO勝利!

 小川は名古屋の名門・OISHI GYMの所属で、2012年のK-1甲子園王者を始め、これまでREBELS-MAYTHAIライト級、WBCムエタイ日本ライト級やホーストカップ日本スーパーライト級などいくつものベルトを巻いてきた強豪。強烈なローキックと、打たれても揺るがない鋼のようなタフさが持ち味だ。
 昨年12月にはRISEランカー北井智大にリベンジを果たし、今年3月のRIZINではDEEP KICK王者・山端雄藦にKO勝利するなどこのところ本調子を発揮し波に乗っている。

RIZINで1RKO勝利する小川=今年3月

 対するテーパプットはタイで人気のテレビマッチ・7チャンネルTVの元スーパーフェザー級王者。18年にはルンピニー・スタジアムのスーパーフェザー級王座決定戦で、那須川天心とも2度対決したスアキム・PKセンチャイムエタイジムと対決し、判定負けで戴冠を逃している。
 日本では17年9月にWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太と対戦し判定負けも、「タイなら完敗」と健太に言わしめたテクニシャン。さらに同年11月にはWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者・宮越慶二郎にTKO勝利している。

 前戦は5月、過去には小川翔に勝利している、同階級実力者の重盛陽太を相手にドローの接戦を演じている。
 好調の小川が勝利するか、テーパプットがムエタイテクニックで翻弄するか。

国本(左)vs山田(右)

 また54kg戦(3分3R延長1R)では、元WMCインターバンタム級王者・国本真義(MEIBUKAI)vs元WMC日本フライ級王者・山田航暉(キングムエ)が組まれた。

 国本は、現HOOST CUP日本Sフライ級王者滉大と2度にわたる激闘を繰り広げ、昨年夏の大和ジム50周年記念大会では元NJKFバンタム級王者・俊YAMATOに激闘の末勝利している中部地区の実力者だ
 今年4月のムエタイスーパーファイトでは元ラジャダムナン&ルンピニースタジアム フライ級1位のタナデー・ウォーワンチャイとの激闘が記憶に新しい。

 対する山田は、ジュニア時代から数多くのタイ遠征試合を行い、ラジャダムナン、ルンピニーとタイの二大殿堂スタジアムでも勝利した経験を持つ。KNOCK OUTなどでも活躍していたが18年に試合活動を休止。4年ぶりに今年4月に復帰、元REBELS RED王者の強豪老沼隆斗に勝利し健在ぶりをアピールした。
 国内軽量級TOPファイター同士のハイレベルな攻防が見られそうだ。

▶次ページ:【動画】小川がとどめのフック一撃で1RKO勝利!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】名古屋の強豪・小川翔が圧巻のKO勝利、地元大阪の山畑をローキック葬

・【THE MATCH】フジテレビが”放送しない”と発表「主催者側との契約に至らず」

・【新日本キック】重森陽太がムエタイ王者とドロー、リカルドは強烈ボディブロー一撃で豪快KO勝ち!=5.15

・注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子、試合参戦の過去も

・久保優太の元妻サラさんが妊娠、サラさん「親にも離婚って言ったばかり」久保「宝くじ当たったみたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧