TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】重森陽太がムエタイ王者とドロー、リカルドは強烈ボディブロー一撃で豪快KO勝ち!=5.15

2022/05/15(日)UP

重森(左)はムエタイ王者を相手に互角の蹴り合いを見せた

新日本キックボクシング協会
TITANS NEOS 30
2022年5月15日(日)東京・後楽園ホール
▼第11試合 スペシャルメインイベント 62.5kg契約 3分3R
△重森陽太(伊原道場稲城支部/WKBA世界ライト級王者)
判定ドロー 01 ※2929×2、28-30
△テーパプット・シッオーブン(タイ/タイ 7chTV スーパーフェザー級王者)

  WKBA世界ライト級王者・重森陽太(伊原道場稲城支部)が、タイ7チャンネルTVの元スーパーフェザー級王者テーパプット・シッオブン(タイ)と対決。

蹴り返しでポイントを重ねた重森(左)

  重森は、新日本キックで2階級制覇を達成し、19年にWKBA世界ライト級王者を獲得。昨年7月にはスアレック・ルークカムイに勝利しKNOCKOUT-RED王者に輝くなど快進撃を続けた。昨年12月にシュートボクシングで前SB王者・笠原弘希に投げを決められ、負けを喫する。今年3月にはINNOVATIONライト級王者・大谷翔司を判定で退け再起した。

  対するテーパプットはタイで人気のテレビマッチ・7チャンネルTVの元スーパーフェザー級王者。18年にはルンピニー・スタジアムのスーパーフェザー級王座決定戦で、那須川天心とも2度対決したスアキム・PKセンチャイムエタイジムと対決し、判定負けで戴冠を逃している。日本では17年9月にWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太と対戦し判定負けも、「タイなら完敗」と健太に言わしめたテクニシャン。さらに同年11月にはWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者・宮越慶二郎にTKO勝利している。

テーパプット(左)は左ミドルキックを決めていく

 1R、テーパプットはローキックを連発し、ミドルキックへつなげる。重森はミドルキックを受けて、すぐにローキックを返す。テーパプットが待つと、右ローキックから左の蹴りのつなげる動き。テーパプットの蹴りに反応して蹴り返す重森が攻勢が目立つ。

 2R、重森は、サウスポー構えのテーパプットの前足へのインロー狙い。テーパプットはフェイントを入れながらミドルキックで攻撃。重森は左ストレートを放つも、クリーンヒットせず。テーパプットはタイミングを外したミドルキックを入れていく。

 

勝負はドローに終わった

3R、ここまで、ほぼ互角に展開。重森はテーパプットのミドルキックを受けつつも、蹴り返しを決めていく。テーパプットの蹴り足をキャッチして、足払いで転倒させる。テーパプットは素早いミドルキック。重森もテンポを上げて蹴り返すが、決定的な場面を作れなかった。判定は、1(テーパプット)-0でドロー。

  肩を落とした重森だが、「メインなのでKOで勝ちたかったんですが、なかなか強豪を相手には難しかったです。これからは、僕とリカルド、髙橋亨汰の3人で新日本キック最強を証明していきたい」とマイクでアピールした。

▶次ページは、リカルド・ブラボvsソンツアーラ

●編集部オススメ

・【新日本キック】重森陽太がスアキムとも王座争った強豪と対戦「この一戦で自分の立ち位置わかる」=5.15

・【新日本キック】勝次がドロー、重森陽太が他団体王者を撃退!リカルドが剛腕フックでKO勝利、髙橋亨汰がヒジで切り裂く残酷TKO勝利

・“還暦ビキニ”藤あや子、キックボクシングで美ボディGET、実際の効果は?専門家に聞く

・注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子、試合参戦の過去も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧