TOP > ニュース 一覧

井上尚弥戦のリングガール、1度だけ登場の”Fカップグラドル”雪平莉左に熱視線

2022/06/08(水)UP

井上尚弥戦でプラカードを持つ人気グラドル雪平莉左。1ラウンド終了時のインターバル時のみ登場した。

 6月7日(火)さいたまスーパーアリーナにて行われた井上尚弥vsノニト・ドネアの3団体王座統一戦は2回、井上の左フックがドネアのアゴを打ち抜きKO勝ちとなった。この早期決着でラウンドガールがラウンドのカードを持ってリングに上がれたのは1ラウンド終了のインターバル時のみ。上がったのはFカップグラドルとしても人気の雪平莉左だった。

【フォト】雪平莉左のラウンドガール、Fカップ”ビキニ”グラビア姿も

天野麻菜(左)と雪平(右)井上が3団体制覇(Naoki Fukuda)

 この大会でラウンドガールを務めたのは、ボクシングの世界戦ではお馴染みとなった天野麻菜と昨年からラウンドガールを務めている雪平だったが、第2ラウンドのプラカードを持って上がったのは雪平。笑顔でプラカードを持ったが、2ラウンドが開始されると、井上がKO勝ちで試合終了。第3ラウンドのプラカードを持つ予定の天野がリングを回ることができなかった。
 なお、アンダーカードでは12回フルラウンドとなった試合もあり、ラウンドごとに交代しプラカードを持ってラウンドを歩いた。

雪平は自身のTwitterにて井上vsドネア戦でラウンドガールを行うと告知した

 雪平はこのビッグカードでラウンドガールを行うことを、インスタで告知すると、ファンから「おめでとう」の声が並んだ。そしてプラカードを持ちリングに上がるとSNSでは「雪平さんの魅力にもKOされました」という声や「誰かすごい気になっていた」という声なども相次いだ。

 雪平は19年よりレースクイーンとして活動し今年2月には「FLASHデジタル写真集 雪平莉左 昼下がりのホテルで」(光文社)が発売、続く4月には写真集「とろける。」(集英社)が発売となっている。

▶︎次のページは【フォト】雪平莉左のラウンドガール、Fカップ”ビキニ”グラビア姿も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【もう一人のリングガール天野の紹介】=村田vsゴロフキン戦

・井上尚弥が左フックで豪快KO、ロープ越しに崩れるドネア、その瞬間

・【フォト】井岡戦のラウンドガール「こんなにテレビに映るとは…恥ずかしい」ファンも誰!?と話題に

・注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧