TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】原口健飛、TKO勝利した山崎秀晃を「こんな殴りたくなかった」安保瑠輝也の対戦要求には「100%無理」

2022/06/20(月)UP

山崎秀晃にKO勝ちした原口健飛が試合後インタビューに答えた

 6月19日(日)東京ドームで開催された『Yogibo presents THE MATCH 2022』の第13試合(-65kg契約)で、元K-1 WORLD GPスーパーライト級(65kg)王者の山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に2R KO勝利した原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM)が、試合後インタビューに応じた。

【フォト】原口の容赦ないパンチが炸裂!山崎が倒れる瞬間

 ゴング直後から猛攻をかける山崎のフックをかわし、原口は強烈なパンチで1Rに2度のダウンを奪う。2Rに入ると、原口はそのままの勢いでパンチで滅多打ち、そのままTKO勝利となった。

 原口は試合を振り返り「意外と警戒してくれた。もっとガツガツ僕の目の良さを潰してくれるかと思ったら、意外に慎重に戦ってくれたので、僕も勝ったという感じ」と山崎得意の怒涛の圧力が、普段よりもなかったと言う。

山崎の「生き様や考え方は憧れ続けてる」という原口

 また、今回の試合は「正直勝ちに徹しようと思っていた」と意外なことを語る。
 理由は「ここ最近、正直力んじゃって背負うものが大きくなって、倒さなきゃいけないという思いが試合に出過ぎていた」と、最近の戦いは自分らしさが欠けていたとのこと。

 しかし「今日は何がなんでもRISEに勝ちを持ってきたかったから。昔の(強打で前進してくる)チャンヒョン・リー戦を思い出して防御に徹して勝とうかなと。それがまんまとハマってよかった」と勝ちに徹することで、逆に力まず倒せたようだ。

 試合前には「山崎選手は、自分の憧れ」と語っていた原口。乗り越えたかとの問いには「世代交代というのはあるし、越えたけど、やっぱり山崎秀晃みたいな男としての人間的な部分は、向こうのほうが勝っている。生き様や考え方は憧れ続けてるんで、まだまだ追い続けたい」と語った。

山崎の首が捩れる

 フィニッシュはスタンディングダウンからのレフリーストップだったが「正直な話するとレフリー止めるの遅いなと。山崎選手はずっと上を向いて、全部飛んでるのに嫌だったですね。こんな殴りたくないなと思いながらやってました」と、リスペクトする山崎だったからこそ、殴り続けたくなかったと複雑な心境も明かした。

 また第12試合でRISEスーパーライト級王者・山田洸誓を下した、安保瑠輝也からは試合後インタビューで「原口健飛選手とかやったら面白いんじゃないか」と対戦要求をされていたが、原口は「無理です」と即答。
 理由として「体重が無理です。(安保が)65kgに落とせるんだったらいいですけど。2年後とかだったら僕も体作って、それだったらわからないけど、今の所は100%無理です」と現在は戦う気はゼロだときっぱり否定した。

▶次ページ:【フォト】原口が山崎からダウンを奪った瞬間の連続写真!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・原口健飛が憧れの山崎秀晃からフック連打でTKO勝ち

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合 結果 速報

・天心が左ストレートで武尊からダウン奪い判定勝ち、無敗のまま有終の美

・喧嘩マッチはYA-MANが109秒、左フックで芦澤をKO

・【THE MATCH】ラウンドガール12名が決定、K-1、RISE、RIZINから選出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧