TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】天心が武尊に勝利した新事実!実は手の長さが有利に働いていた

2022/06/20(月)UP

武尊に右のパンチを繰り出す那須川天心(右)

 昨日19日に東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』の一夜明け会見が都内会場で行われ、那須川天心をはじめ勝利を収めた選手たちが登壇。天心だけ個別で会見が開かれて、記者の質問が30分に渡って集中した。その会見に熱視線を注いでいたのは、RISEの伊藤隆代表。あらためて天心戦の勝因を聞くと、あらたな事実が発覚した。

【フォト】天心が左フックで奪ったダウンシーン

 伊藤代表に武尊戦の勝因を聞くと、「距離がすべてでしたね。天心は、じつは手が長いんです。リーチがあるんで、同じ階級の選手は手を伸ばされるとパンチが顔に届かないんです。武尊戦も右ジャブを当てて入らせないようにできました。右ジャブに左フックを合わされることを警戒していましたが、それはやってこなかったので作戦を遂行できました」と振り返った。リーチは公式では公開していないとのことだが、ボクシングに転向すると明らかになるだろう。

キックボクシング最後の試合で勝利した那須川天心

 また、試合後の会見で天心が話していたように、武尊側のセコンドから「ジャブは捨てろ」と指示が聞こえたようで、これで右ジャブを踏み込んで右ストレートのような強いパンチに切り替えている。1Rは、強い右を突き刺して踏み込みを甘くさせておいて、左フックでダウンを奪った。天心は、「パワーだったら勝てないので、大きくパンチを振ることはしないで針の穴に糸を通すような感じでショートのカウンターを合わせることを父親とやってきました」と成果を明かしている。

 試合後のコメントで本人が明かしているように、右ジャブで崩してのカウンターの左フックが勝負を決めた。とくに右ジャブはリーチの長さが影響していたというのが、伊藤代表の見解だ。

 試合を振り返ると、天心は1R1分過ぎに右ジャブを軽く打った後、踏み込んだ右ストレートを放っている。これが何度も決まり、少しずつ武尊が劣勢となり、ダウンを奪った左フックにつながった。

一夜明け会見で、バナーパネルにサインして陽気な姿を見せた天心

 リーチの長さを活かした天心と、緻密な作戦を用意したチーム天心の総合力の勝利だった。

 最後に伊藤代表は、「作戦を用意しても、それを試合で出せるのはせいぜい30%です。それをすべて出せるのが、天心です。たしかに彼は天才ですが、何度も納得するまで反復する努力家ですね」と評価する。

 天心のキックボクシング編が終わり、ボクシング編が幕を開ける。どんな競技でも結果を出せる能力を、彼は持っているのだろう。

▶次ページは、【フォト】天心が左フックで奪ったダウンシーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】天心が左フックで武尊からダウン奪い判定勝ち、無敗のまま有終の美

・【THE MATCH】那須川天心、武尊ダウンの一撃は「会心の左!」攻略法を明かす=試合後インタビュー

・【ボクシング】無敗のオリンピアンが一撃KO!天心が武尊にダウン奪った”技”に激似=米MSG 結果

・【THE MATCH】那須川天心vs武尊、”世紀の一戦”を今夜限りABEMAにて無料配信!榊原氏は違法動画に警鐘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧