TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】原口健飛、K-1山崎秀晃をKOしたあの連打は「狙って打った」

2022/06/20(月)UP

試合を振り返る原口

 6月19日(日)東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』の一夜明け会見が、20日(月)都内にて行われた。

 第13試合(-65kg契約)で、元K-1 WORLD GPスーパーライト級(65kg)王者の山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に2R KO勝利した原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM)が一夜明け会見に出席した。

【フォト】原口が山崎からダウンを奪った瞬間の連続写真!

 圧倒的なパンチの破壊力を誇る山崎に対して、原口は豪快な右ストレート、フックなどを連続でヒットさせる。1Rにパンチで2度のダウンを奪った原口は、2Rにもパンチで山崎を攻めまくり、レフェリーストップを呼び込んだ。

「僕は試合の内容的に心から嬉しい、喜べる内容になった。那須川天心君と同じ舞台で戦えたことを誇りに思います。天心君お疲れ様でした」と短く試合の感想と、今大会でキックを引退する那須川へメッセージを送る。

 序盤から見せた、激しい打ち合いに関しては「あんまりどのシーンが(山崎に)効いたとかは試合中に分かりませんでしたが、1発目のストレートを良くあの体勢で打ったなというのはあります」という。
 1Rの最初のダウンを奪う起点となった右ストレート。これは、山崎の左フックに対して、被せて右ストレートだが、高い技術力と身体能力を持つ原口だからこそ為し得たことだろう。

 その後の打ち合いの中でのパンチは「狙って打っていました」とのこと。真っ向勝負で打ち合ってくる山崎の攻撃を冷静にかわしつつ、確実に猛烈なパンチを浴びせていった。

 那須川がキックボクシングを引退するにあたり「僕は自分が引っ張っていかないといけないと思っている。自分だけではあかんし、ここにいるRISEファイターみんなが責任、覚悟を持ってやっていかないと、『誰かがいなくなったからRISEが潰れる』と言われたら悔しい。筆頭は今のところ僕かなと思っています」とエース宣言。

 東京ドームの大舞台でK-1ベテラン強豪の山崎をKOで倒した原口。那須川が去るRISEの次期エースとして、海外強豪などを相手に、王者としての強さを見せつける姿を楽しみにしたい。

▶︎次ページは【フォト】原口が山崎からダウンを奪った瞬間の連続写真!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】原口健飛が憧れの山崎秀晃からフック連打でTKO勝ち

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合 結果 速報

・那須川天心、武尊とリングで涙を流した理由「今までのこと、表で言えないことも沢山ある」

・那須川天心vs武尊、”世紀の一戦”を今夜限りABEMAにて無料配信!榊原氏は違法動画に警鐘

・武尊「悔しさ忘れないために」敗北後に”最高の仲間”と記念撮影、1万5千件の“いいね”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧