TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】7.2 沖縄 全試合順決定、メインは朝倉海vs韓国強豪ジヨン、セミは鈴木博昭vs平本蓮

2022/06/26(日)UP

RIZIN2度目の沖縄大会でメインイベントに出場する朝倉海(写真の人物は対戦相手ヤン・ジヨン)

 7月2日(土)沖縄アリーナにて開催される『RIZIN.36』の試合順が本日26日に発表された。
 メインイベント(第13試合)は、先日の会見で発表された通り、元RIZINバンタム級王者・朝倉海(トライフォース赤坂)と、キックボクシングでKorea WAKO王者に輝きMMAでプロ4戦無敗のヤン・ジヨン(韓国/Jeju Team the King)の、61.0kg契約での一戦。

 朝倉は昨年大晦日から半年ぶりの試合となる。その大晦日の瀧澤謙太戦で拳を骨折したが、その間アメリカ修行も経験し、実力もアップしたようだ。今回は、扇久保博正に敗れて以来の再起戦となり、強豪を相手にどのような戦いをするのか期待される。

『RIZIN.36』全試合順

 セミファイナル(第12試合)は、66.0kg契約で鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM)vs平本蓮(ルーファスポーツ)。
 平本はK-1で活躍したが、RIZINでMMAに転向してからまだ勝ち星なし。鈴木はシュートボクシングや ONEで活躍し、RIZINに参戦以降は2勝1敗の戦績を収めている。
 互いに再起戦で、平本にとってはRIZINで初白星を勝ち取る大事な一戦。果たしてどちらが勝つのか。

 第11試合は、49.0kg契約で山本美憂(KRAZY BEE / SPIKE22)vs大島沙緒里(AACC)だ。
 山本は沖縄を拠点にしていたこともあり、夫のカイル・アグォン(SPIKE22)と共にこの大会へ参戦する。アグォンは第9試合で山本空良(パワーオブドリームジム)と対戦する。

 沖縄在住・出身の選手も並び、元パンクラス王者の砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)は第10試合、2018年ラウェイ世界王者の渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)は第8試合に出場する。その他、沖縄出身者も多く参戦し、全13試合で構成される。

 開場・開始時間は以下。

『湘南美容クリニック presents RIZIN.36』(沖縄アリーナ)
2022年7月2日(土)開場12:30 開始14:00
☆イベント詳細

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉海が欠場!右拳の骨折が完治せず手術へ、代打に昇侍=7.2沖縄

・『テレビ・配信』7.2「RIZIN.36」TV放送・ネット配信・生中継情報

・平本蓮、悪口を封印し「正々堂々戦う」”怪物くん”鈴木博昭は「夢の食い合いを」

・大島沙緒里、沖縄2連続参戦の山本美憂に「2階級王者として勝ちに行く」と宣言

・地元沖縄のレジェンド・砂辺光久が2大会連続参戦「県民に笑顔で帰ってもらう使命を果たす。ここを復活の地に」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧