TOP > ニュース 一覧

ザギトワがボクシング公開「スケートに役立つ」その一撃にファン歓声

2022/06/27(月)UP

ザギトワがスケートに役立つとボクシングを始めている(Getty)

 フィギュアスケーターで18年の冬季五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(20=ロシア)が25日(土)モスクワで開催された「スポーツデー」のボクシングイベントでリングに上がり、様々な打撃練習を行った。

【フォト】ガウンを着て登場のザギトワ、それを脱ぎ打撃を公開

 当初はエキシビションマッチに参戦すると報じられ、相手は東京オリンピック男子フェザー級金メダルボクサー、アルベルト・バティルガジエフの名前が挙がったが、トレーナーは、「選手は古傷が心配だ」と参加を辞退。そこでオリンピックのボクシング ウェルター級で2度の金メダリスト、オレグ・サイトフが代替えに。エキシビションマッチではなく、公開レッスンとしてオファーを受けたとサイトフは現地メディアの「sportrbc.ru」に語っている。

 サイトフは同メディアに「アリーナがボクシングを始めてくれて、とてもうれしいです。ボクシングは、年齢を問わず楽しめる面白いスポーツです。身を守れるようになり、何歳になっても学ばなければなりませんし、とにかくエキサイティングです」と語っている。

ミット打ちをするザギトワ(ザギトワ インスタより)

 イベントでは、サギトワが白と黒のガウンを着て登場。
そしてマイクを持つと「私はつい最近、約1か月半前に始めました。これはフィギュアスケートに役立つように思えました。ですからコンディションを保つため、ボクシングをすることが重要なのです」と語った。
 ザギトワはガウンを脱ぎ、ウオーミングアップからミット打ちを披露。サイトフの指導に合わせ、ザギトワがミットを打つ。基本やコンビネーションなど、アドバイス通りミットに快音が響くと集まったファンから拍手が沸き起こった。
サイトフは「アリーナはタッチだけでなく、質のいいパンチを持っている。よく練習していると感じられた」と記者団に語っている。

 スケートでは本田真凜が空手やキックボクシングのトレーニングを取り入れ、浅田真央は選手引退後にボクシング、安藤美姫もキックボクシングのトレーニングを行っている。

 ザギトワは金メダル獲得後、19年より休養中。大学で学びながらスケート関係のイベントに参加するなどしているが、ボクシングトレーニングを取り入れたザギトワ、スケート選手としての復帰にも期待したい。

▶︎次のペーページは【フォト】ガウンを着て登場のザギトワ、それを脱ぎ打撃を公開

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・安藤美姫の強烈パンチが武尊のミットに食い込む「これは脳にくるやつ」(動画あり)

・浅田真央、ハマっているボクシング対決で30秒で123発を記録

・美女の顔が…菅原美優が流血も、腫れた顔で「この負けを無駄にしないよう強くなる」

・”グラマラス”美女コスプレイヤーすみれおじさん、中国武術大会で3位!

・美人空手家・長野じゅりあ、春麗のセクシーコスプレでハイキック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧