TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥、バトラーとの4団体統一戦は「交渉の流れはいいと聞いている、日本でも英国でも戦う」

2022/06/27(月)UP

6月7日に3団体統一に成功した井上、年内の4団体統一を見据える(Naoki Fukuda)

 ボクシング3団体統一世界バンタム級王者の井上尚弥(29=大橋)が27日、都内の日本外国特派員記者協会で会見を行った。
 会見では、井上は年内の4団体統一の目標を語る。
「今年の目標は4団体統一、それができればスーパーバンタムに上げて挑みたい」と言う。4団体統一まで残るはWBO世界同級王者のポール・バトラー(33=英国)のみとなった。

【動画】3団体統一の瞬間、井上の左が直撃!ドネアがロープ越しに崩れる豪快KO

 そのバトラー戦の話し合いの進展度については「所属ジムの大橋会長からは交渉中で流れ的にはいいと聞いている。日程は聞いていない。実現するのであれば日本でもアメリカでもイギリスでもいい。この実現に向けて進めていきたい」と語った。
 さらにPFP1位になったことで「この立ち位置もあるので、それに相応しい試合をしていきたい。そのためにも4団体統一して、また新たなステージで挑戦していきたいなと思っています」と改めて4団体統一の実現に意気込んだ。

 バトラーの意向はどうか。
 今月8日にはバトラーをプロモートするプロベラム社が公式サイトでバトラーのコメントを発表。
「ドネア戦の前に、井上サイドは私に試合を受けるかどうか、受けるとしたらどこでやりたいか、と打診してきた。 私は日本での試合を希望していることを伝えた。うまくいけば、このビッグファイトを実現できるかもしれない。今からだと最低でも12週間は必要だ。スルタン戦以来、ジムには戻っていないが、10月の初めには準備できるだろう」と語っている。

 バトラーの意向はやりたい方向だが、実現には両陣営の条件などもあるだろう。年内の実現を待ちたい。

▶︎次のページは【動画】3団体統一の瞬間、井上の左が直撃!ドネアがロープ越しに崩れる豪快KO

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・井上戦のリングガール、”Fカップグラドル”雪平莉左に熱視線

・井上尚弥が左フックで豪快KO、ロープ越しに崩れるドネア、その瞬間

・井上尚弥がバキバキマッスルポーズで計量パス

・武尊に因縁の皇治が宣戦布告「引きずり出し今度こそ勝つ!皆さん力を貸して下さい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧