TOP > ニュース 一覧

前田日明がK-1野杁に勝利した海人を絶賛「あれは天才」対世界への課題も

2022/06/28(火)UP

野杁にヒザ蹴りを突き刺す海人

 格闘王・前田日明のお墨付きだ。『THE MATCH 2022』でK-1ウェルター級王者・野杁正明と激闘し延長判定勝利した、シュートボクサー・海人(Team F.O.D)について、前田が自身のYouTubeで「天才」と評し進路に期待を寄せた。

【フォト&動画】海人が向かう”70kgの世界”の修羅たち!/海人を「天才」と何度も評する前田

 ”竜虎相討つ”激闘だった。6月19日に行われた『THE MATCH 2022』”天心vs武尊”のセミファイナル。海人はRISE・シュートボクシング・新日本キック連合軍の”副将”として、昨年9月にK-1ウェルター級王座決定トーナメントを全KO勝利で制し、前評判の高かった”怪物”野杁と対決した。

 ガードを上げ、戦車のように向かってくる野杁の強烈なパンチ・ローの連打にも下がることなく、それを上回るかのような手数で返してみせた。延長3-0で勝利した海人は「世界一になるための準備をしていきたい」と世界に照準を合わせる。

 前田は動画で「シュートボクシングにもあんな天才が隠れてるんだな。あれ天才ですね」と海人の”天才”ぶりを連呼する。さらに「父子鷹で築き上げた3組目の天才」と井上尚弥や那須川天心など”名伯楽の父”と並ぶ大成功例だと称賛した。

 今後の課題として「まだもうちょっと身体作りこんだほうが良いと思うんですよね、まだ線が細いんで」と世界のキックボクシングの最激戦区ともいえる70kg戦線で戦うフィジカルを作り上げたほうが良いとアドバイスする。
 続けて「あれにパワーつけて、パンチの威力がついたら、凄い面白い選手になる」と海人の今後に期待を寄せた。 

 現在世界の70kg級強豪が集結しているのは、アジア最大規模の格闘技団体『ONE Campionship』で、フェザー級(70.3kg)キックボクシング世界王者のスーパーボン(タイ)や長らく”世界最強”の名を欲しいままにしていたジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)、現K-1でも王者になり、ONEのワールドGP(昨年3月決勝)でも優勝したチンギス・アラゾフ(アゼルバイジャン)など”修羅の国”状態だ。
 現在「日本に相手はいない」と公言する海人の世界への挑戦に注目したい。

▶次ページ:【フォト&動画】海人が向かう”70kgの世界”の修羅たち!/海人を「天才」と何度も評する前田

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】SB海人が“怪物”野杁正明に勝利!延長の激戦を制し中量級日本一の座に

・【RIZIN】前田日明、朝倉海に「下手したら負けもある」相手の韓国新鋭・ジヨンの強さに警鐘=7.2沖縄

・前田日明、朝倉未来のメイウェザー戦に「普通はコテンパン、1発罰金5億円の蹴りを当てるか、彼の幸運にも期待したい」

・K-1美女”菅原美優の流血の激闘から2日「何針縫ったか、目が少し見えるように。大丈夫です」と気丈に報告

・【SB】快勝の”ツヨカワ”MISAKI、仲良しのラウンドガール”ゆいちゃん”と2ショット「ガチで嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧