TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】榊原代表が大会総括「ファンの心を鷲掴みにするドラマチックな結末の試合はなかった」と厳しい意見=7.2沖縄

2022/07/03(日)UP

沖縄大会を総括する榊原代表

 7月2日(土)に開催された『RIZIN.36』(沖縄アリーナ)の大会終了後、RIZIN代表の榊原CEOが囲み取材に応じ大会を総括した。

【フォト】榊原代表が高評価した昇侍とヤン・ジヨンの激闘シーン!

 榊原CEOは総括として「人生甘くないな、苦い夜と言うか、試練の夜になりました。これもプロモーターである、主催者である私が、自分の立場から感じた感想です」とコメント。メインイベント出場予定だった朝倉海が直前で負傷欠場し、メインイベントでの配信映像の不具合、会場となった沖縄に台風が来るなど、長年のプロモーター人生の中でも、複数の不測の事態やトラブルが同時に来るのは稀なことだったと振り返った。

 試合全体としては、後半5試合の中で「内容が濃いものはあったが、ファンの心を鷲掴みにするドラマチックな結末の試合はなかった」と“大会を救ったスカッとした試合”はなかったと厳しい評価。

 メインの平本蓮vs鈴木博昭については「彼らはMMA3戦目、4戦目。このキャリアの浅い選手たちにメインを託す自体が酷なことだった」と言い、これに朝倉海の試合があれば、もっと観客に充実感を与えた大会になっていたと、主催者としての選手の健康管理など、今後の運営課題にするとした。

 緊急参戦し激闘を見せた昇侍とヤン・ジヨンには、敬意と感謝の気持ちを述べたが、やはり「今大会のMVPに挙げる選手がいなかった」と厳しい意見は変えなかった。

▶︎次ページは【フォト】榊原代表が高評価した昇侍とヤン・ジヨンの激闘シーン!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】7.2 全試合 結果 速報(鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂vs大島沙緒里ほか)ライジン 試合結果

・[この日の試合]平本蓮がMMA初勝利!鈴木博昭を判定で下し「朝倉兄弟が終わって、平本蓮の時代です」と咆哮

・[この日の試合]朝倉海の代役・昇侍がジヨンのチョークで失神負けも闘志失わず

・[この日の試合]山本美憂が悔しい1-2の判定負け、大島沙緒里が接戦を制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧