TOP > ニュース 一覧

【DEEP】美女戦士ケイト・ロータス、決意の”すっぴん”参戦も僅差で勝利届かず!佐伯代表「タックル地獄をなんとかしないと」

2022/07/11(月)UP

ARAMIのタックルに封じられるケイト

 7月10日(日)総合格闘技イベント『DEEP 108 IMPACT』が東京TDCホールにて開催され、女子マッチで注目された“美女戦士”、”美ボディ戦士”とも注目されるケイト・ロータスがARAMIに1-2の判定負けを喫した。

【フォト】ケイトの美ボディ”すっぴん”計量、激闘の試合写真も

 DEEP佐伯代表は「最初は打撃が良かったんだけど、ARAMIのタックル地獄に捕まってしまいました。あそこを何とかしないと、もっと上のレベルで戦えない」と、あえて厳しい言葉を投げかけた。

 ケイトは、戦前からARAMIのタックルを警戒して対策も立てていたようだが、本番では得意の展開に持ち込むことができずに判定負けを喫してしまった。ケイトのパンチが何度もARAMIにヒットしたが、ARAMIのタックルの攻勢で決定打まで繋げることができなかった。
 これで前戦5月の長野美香戦に続き2連敗となった。

 ケイトは学生時代から空手に励み、トレーンングに励む傍ら美ボディコンテストにも参戦。20年から格闘技に転身し流血も厭わぬファイトで勝利するなど注目。その美貌ぶりが注目されるが、前戦の長野戦から化粧せず、すっぴんで試合に挑んでいる。美女戦士よりも最強戦士を目指す理由からだろう。耳が腫れるのも気にならなくなったという。2連敗になったが再起に期待したい。
▶︎次のページは【フォト】ケイトの美ボディ”すっぴん”計量、激闘の試合写真も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【DEEP】美女戦士ケイト・ロータスが僅差判定に悔しい表情、激闘もARAMIのタックルに苦しむ

・ケイト・ロータス、鍛えた美ボディでマッスルポーズ! 再起戦へ向けて計量パス

・【ONE】“マッスル美女”平田樹、中国強豪ホーチンと激突へ

・”グラマラス”元UFC美女ヴァンザント、素手ボクシングで流血女子シガラと激突へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧