TOP > ニュース 一覧

朝倉未来、メイウェザー戦は”被弾上等・特攻”作戦「空手みたいに無酸素で打ち続ける」

2022/07/12(火)UP

畑山の持つミットにパンチを打ち込む朝倉 朝倉未来YouTubeチャンネル

 今年9月の『RIZIN』で、ボクシング世界5階級制覇のフロイド・メイウェザーと対戦する朝倉未来が、YouTube『渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル』にてメイウェザー対策について対談した。朝倉は「空手のように無酸素で行く」と覚悟の”特攻”作戦を明かした。

【動画】メイウェザーの”破壊級のジャブ”サンドバッグ打ち/朝倉が今回見せたミット打ち=比較してみよう

 ジムで3人の王者にテクニックを教わった朝倉は、今度は3人とメイウェザーを倒すための”作戦会議”を行った。

 朝倉は50戦無敗・メイウェザーの”負けていない理由”について「ディフェンスがすごい、目がめちゃめちゃ良い」と評しながら、今回の試合は「めっちゃ(パンチが)強くても、大振りじゃ当たらない。とにかくノーモーションで当てにいきたい」と相手にパンチを読ませず当てたいと語る。

 さらに「2ラウンド後半から、もう空手みたいな試合しちゃおうかなと思ってるんですよね、無酸素で。数打ち続けて、貰いながら、3ラウンド終わりまで」とフルコンタクト空手のラッシュのように、被弾上等で当てに行く”特攻”をしたいと語る。
 
 続けて「そういう戦いってボクシングの12ラウンドじゃ出来ないじゃないですか。だからこそやってみようかなと思って。体力だけすごいつけといて、ガンガン盛り上げたいと思います」と体格に勝る利を生かして殴りまくりたいと語る。

 渡嘉敷が練習について聞くと「総合では寝技があるけれど、やっぱりボクシングになると疲れるかなと思い、ミット打ちの数を増やしてます。10何ラウンドやっています」と話すと、3人は驚きの声。

 畑山は「(メイウェザーが)スピードあるというのは全盛期のイメージ。全盛期の動きをイメージする必要はない」と最近の動きのみを参考にしてほしいとアドバイス。
 また竹原は「(メイウェザーは)よけるのがうまいので、当たらないと大振りになる。そこだけ気をつけて」とスキが生まれることだけは注意するようにと声をかけた。

 なお今回の試合はボクシングルールのエキシビションで行われるが、体重については70kg契約、さらに新たにラウンドは3ラウンド制、グローブは8オンスで行われることが朝倉未来のYouTubeで明かされている。

【動画】メイウェザーの”破壊級のジャブ”サンドバッグ打ち/朝倉が今回見せたミット打ち=比較してみよう

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・朝倉未来vsメイウェザーのルールが明らかに”体重は有利、グローブは小さくていい、3R全力で行く”

・【テレビ】7.13 井岡一翔vsニエテスは何時から? 比嘉大吾も参戦=地上波とネット配信

・朝倉未来、早速YouTubeアップ!メイウェザーへ「普通に弱そう」「ガンガンもらいながらKOする」と自信

・前田日明、朝倉未来のメイウェザー戦に「普通はコテンパン、1発罰金5億円の蹴りを当てるか、彼の幸運にも期待したい」

・話題のリングガール雪平莉左が”Fカップ美ボディ”披露、井上尚弥戦の涙も語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧