TOP > ニュース 一覧

【ONE】修斗王者・箕輪ひろば「年内に王座を」強豪ボカンへのフィニッシュ勝利に自信=7.22

2022/07/20(水)UP

パウンドを落とす箕輪©️ONE

 7月22日(日本時間)にシンガポール・インドアスタジアムにて開催される『ONE159』MMAストロー級マッチにて、同級2位のボカン・マスンヤネ(27=南アフリカ)と対戦する、同級3位の箕輪ひろば(22=総合格闘技道場STF)の試合前インタビューが、20日に主催者から届いた。

【動画】箕輪ひろばのONE激闘ハイライトシーン!

 箕輪は修斗ストロー級世界王者。高いグラップリング力を誇り、13勝3敗の戦績を誇る。20年11月にONE初参戦すると、リト・アディワン、アレックス・シウバと強豪勢を撃破。しかし、今年1月に元UFCのジャレッド・ブルックスに判定負けした。

激突するボカン(左)と箕輪(右)©️ONE

 対するボカンは155cmと小柄ながら、驚異の身体能力を持つ危険なファイター。レスリングを武器にし、デビュー8戦全勝の快進撃で今年4月にブルックスと対戦したが初回一本負け。キャリア初黒星を喫した。

 箕輪は強敵ボカンの印象について「前回のブルックスと一緒で、僕がチャンピオンになる過程で必ず戦わなければならない相手だと思っています。脅威があるとかないとか、というのではなくて避けては通れない道という感じですね」 と、対戦相手の一人に過ぎないといったそぶり。

試合前取材に応じる箕輪©️ONE

 その弱点については「彼の強みである身体能力は大きな武器ではあると思うんですけど、それが故に彼はそれに頼りすぎている部分があると思う。もう少し細かい技術、動きを練習したら良いのになと思っています」と、その強みが逆に弱さとなっていると指摘した。

 これまでのボカンの戦い方を振り返ると、ボカンがポイントアウト狙いで、終始レスリングで勝負し続ける流れもあるだろう。それに対し箕輪は臆する様子は全くない。
「相手がどれだけスタミナあるのかというのが興味あるので3ラウンド戦う準備もしています。ただ、早い段階でフィニッシュができるのであれば、狙いたいです。今回は過去の試合に比べてフィニッシュの可能性が高いと思います」 と、フィニッシュ勝利への強い意欲を見せた。

 箕輪はこの試合の位置づけとして「僕は1年以内にONEでチャンピオンになりたいと思っています。なので、この試合で勝った後はパシオですね」 と、年内王座獲りへ意気込み。

 果たして、箕輪は強豪ボカンを相手の再起戦、どの様なパフォーマンスを見せるのか、期待したい。

▶︎次ページは【動画】箕輪ひろばのONE激闘ハイライトシーン!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ONE】箕輪ひろば、アフリカ強豪ボカンと上位ランカー対決!「必ず1年後に王者になる」=7.22

・【フォト】平田樹“ビキニ”でマッスル美ボディ

・【ONE】“マッスル美女”平田樹、米国修行で鍛えた水着”美腹筋ボディ”披露!「マジで倒れようかと思った」猛特訓も明かす

・メキシコ女子がKO負けピンチから逆転一本勝ち!電光石火アームバーで相手のヒジは逆方向に=米Combate

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧