TOP > ニュース 一覧

【K-1】王者・軍司泰斗、3試合連続KO宣言「本物のチャンピオンに」=フェザー級T

2022/08/10(水)UP

トーナメント本戦に参戦する8選手 (左から)玖村、ジャオスアヤイ、軍司、スアレス(中央)中村プロデューサー(右から)ワン、新美、斗麗、椿原

 8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K-1フェザー級世界最強決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、10日(水)福岡市内にて行われた。
[K-1フェザー級世界最強決定トーナメント]に出場する全8選手は計量をパス。ジャオスアヤイのみ再計量でのパスとなったが、全選手が明日の決戦へ駒を進めた。

【フォト】トーナメント出場選手の“バキバキボディ”計量写真

 K-1フェザー級(57.5kg)は、王者・軍司泰斗を頂点とする階級。トーナメント全選手のレベルが高く、近年で王者が入れ替わったことから“戦国時代”と呼ばれている。

優勝候補として期待がかかる現役K-1王者・軍司

 優勝候補として期待がかかる軍司は、会見で「僕はK-1フェザー級のチャンピオン。ただ勝つだけじゃ、チャンピオンとしてどうなのかなと思う。圧倒的に3試合全部KOで勝ったら、文句なしで本物のチャンピオンになれる」と決意を語る。

 久しぶりにK-1へ復帰を果たすワン・ジュングァン(中国/天津阿福ファイトクラブ/CFP)はONEからの凱旋試合。今大会で解説を務める魔裟斗は、注目選手として名前を挙げている。「皆さんの期待するようなエキサイティングな試合をお見せします」と意気込んでいる。

久しぶりの来日を果たすワン

 また、現役Krush王者・玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)は「次にスターになるために、明日は死ぬ気で戦って優勝します」と宣言。

 これまで軍司と5回の対戦経験(椿原が2勝3敗で負け越し)がある椿原龍矢(日本/月心会チーム侍)は「試合が進むごとに『椿原やばいな』と思わせる試合をしたい」と闘志を燃やしていた。

 過酷なワンデートーナメントを制して、世界最強の座に就くのは、誰か。

■各選手のコメントは以下の通り

新美(左)vsワン(右)

▼K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
新美貴士(日本/名古屋JKファクトリー)→57.4kg

・獲得タイトル 第5代Krushフェザー級王者
・戦績 20戦 14勝(6KO) 6敗 0分

「過酷なトーナメントになると思いますが、優勝します」

ワン・ジュングァン(中国/天津阿福ファイトクラブ/CFP)→57.25kg

・獲得タイトル
ENFUSION -57kg級世界王者
GOH 2016 -57kg級トーナメント優勝
・戦績 32戦 26勝(5KO) 5敗 1分

「皆さんの期待するようなエキサイティングな試合をお見せします」


元K-1王者の椿原(左)と実力者・斗麗(右)が対戦する

▼第4試合 K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
椿原龍矢(日本/月心会チーム侍)→57.4kg

・獲得タイトル
第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者
K-1甲子園2017 -55kg王者
K-1甲子園2016 -55kg準優勝
K-1甲子園2015 -55kg準優勝
第6回K-1アマチュア チャレンジAクラス -60kg優勝

・戦績 18戦 13勝(3KO) 4敗 1分

「世界一になる準備をしてきました。試合が進むごとに『椿原やばいな』と思わせる試合をしたい」

斗麗(日本/WIZARDキックボクシングジム)→57.5kg

・獲得タイトル 無し
・戦績 11戦 9勝(4KO) 2敗 0分

「明日は全て失う覚悟を持って全て奪いに行きます。覚悟は決まっています。ご期待ください」


軍司(左)の初戦の相手は南米の強豪・スアレス(右)

▼第3試合 K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
軍司泰斗(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)→57.45kg

・獲得タイトル
第5代K-1 WORLD GPフェザー級王者
第2代Krushバンタム級王者
K-1甲子園2016 -55kg王者
第3回K-1アマチュア チャレンジAクラス -55kg優勝
・戦績 23戦17勝(4KO)5敗1分

「圧倒的に勝って僕の絶対王者の道にしたい。僕はK-1フェザー級のチャンピオン。ただ勝つだけじゃ、チャンピオンとしてどうなのかなと思う。圧倒的に3試合全部KOで勝ったら、文句なし本物のチャンピオンになれる」

ファク・スアレス(アルゼンチン/Picante Fight Club)→57.05kg

・獲得タイトル
WGP Kickboxing 世界-60kg王者
・戦績 27戦20勝(7KO)7敗 0分

「今回はノックアウトで勝ってアルゼンチンに勝利を持って帰りたい」


現役Krush王者・玖村(左)vsジャオスアヤイ(右)

▼第2試合 K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)→57.05kg

・獲得タイトル
第6代Krushフェザー級王者
K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント第三位
元NJKFバンタム級王者
・戦績 28戦18勝(8KO)9敗0分1無効試合

「次のK-1のスターになるために、明日は死ぬ気で戦って優勝します」

ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(タイ/Sor.Dechaphan Gym)→57.75kg→57kg

・獲得タイトル
K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント準優勝
タイ国BBTVスタジアム・フェザー級8位

・戦績 110戦71勝(22KO)37敗2分

「前回チャンピオンになるチャンスを逃してしまったので、今回は本当に気合が入っている。絶対に勝って帰りたい」

▶次ページは【フォト】トーナメント出場選手の“バキバキボディ”計量写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】8.11 前日計量 結果=ゴンナパーとジャオスアヤイは再計量でパス

・【テレビ・配信】8.11『K-1』福岡大会 フェザー級世界最強決定T、K-Jeevs谷川聖哉、石井一成、江川優生など生中継、配信情報

・【K-1】熊田曜子が福岡大会ゲスト解説に「K-1次世代の選手は誰か、この目に焼き付けたい」=8.11

・巨人・原監督、武尊に直接伝えた「勝ち負けよりも、もっと大事なもの」バックステージ動画が公開

・ゆうちゃみ、1st写真集で魅せる!モデル、K-1ではラウンドガールも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧