TOP > ニュース 一覧

ブアカーオと”エキシ対決”の三浦孝太「9月のRIZINにこの経験つなげたい」=8.19ラジャダムナン

2022/08/10(水)UP

三浦孝太がコロナ明けで完全復活アピール。ブアカーオとエキシビションマッチで対決

 8月19日(金)タイ・ラジャダムナンスタジアムにて三浦孝太(20=BRAVE)とK-1 MAX&S-cupの世界トーナメント王者ブアカーオ・バンチャメーク(40=タイ)がキックボクシングのエキシビションマッチで対戦する。
 この試合について、所属ジムで10日、会見が開かれ、宮田和幸代表と三浦が詳細を発表した。

【動画】三浦がMMAデビュー戦で見せた父親譲りのサッカーボールキックでKOの瞬間!

 会見の冒頭で宮田代表が、7月31日に開催された『RIZIN.37』でフェリペ“キングハンター”マソーニ(ブラジル)と対戦する予定だった三浦が新型コロナウイルスで陽性となり、欠場した経緯を以下のように説明した。

「試合の計量が終わり、喉が痛くてフワフワすると本人から話があり、減量で水抜きをしていた影響かなと思っていました。自宅へ戻ってから1時間後にお母さんから電話がありまして、熱を測ったら38度5分あったと。コロナの疑いがありましたので、すぐに検査をしてくださいと話したら、カズさんが抗原検査キットを持っていたようで、調べたら陽性ということが分かりました」

 宮田代表の説明によると、ジムと自宅の往復くらいで感染予防を徹底していたようだが、追い込み練習で免疫が下がっていたのかもしれないという。

ブアカーオとエキシビションマッチで対戦する大会ポスター。メイン級の扱いだ@MGR.SPORT

 続いて三浦は、「前回も自分のケガ、今回はコロナになって二度も試合が流れてしまったことに対して、チケットを購入していただいたファンの方、RIZIN関係者の皆様、ブラジルより来ていただいたマソーニ選手、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 落ち込んでいる時に父親のカズから、「オリンピック選手は4年間、調整してきてコロナになって出られなかった選手もいる。辛い気持ちは分かるけど、止まらずに次をやるしかない」と励まされて、気持ちを切り替えられたようだ。

 じつは今回のブアカーオ戦は、RIZINの試合後に発表される予定だったが、情報がもれてしまい、「焦った」と三浦は明かした。

 ちなみにブアカーオ戦は、3分3ラウンドのキックボクシングルールのエキシビションマッチでヒジ打ちなし、防具は着用しないが、「KOする攻撃はなしで、リング上での公開練習のような形になります」と宮田代表。一応、セコンドに就く宮田代表はタオルを投入する権限はあるが、那須川天心vs.メイウェザーのような試合にはならないという。

 本日から練習を再開した三浦は「最近のブアカーオ選手のバキバキボディを見てビビりましたが、エキシビションマッチなのでレジェンドから学んで、9月のRIZINにこの経験をつなげたい」と意気込みを語った。

 エキシビションマッチとはいえ、ラジャダムナンのリングでブアカーオと対戦できることだけでも名誉なこと。失地回復のためにも、ここから逆襲する姿に期待したい!

▶次ページは、【動画】三浦がMMAデビュー戦で見せた父親譲りのサッカーボールキックでKOの瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・ブアカーオと三浦孝太の対決が正式決定=8.19ラジャダムナン

・魔裟斗のライバル・40歳のムエタイ鉄人ブアカーオ、何と素手ボクシングに挑戦!

・“ムエタイ鉄人”ブアカーオと伝説のセンチャイが夢のスパーリング「史上最高のスパー」と絶賛の声(動画あり)

・【RIZIN】三浦孝太がコロナ陽性で欠場、マソーニ戦がまたも中止に=7.31さいたま

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧