TOP > ニュース 一覧

なぜ、三浦孝太は東南アジアで大人気なのか⁉ ブアカーオ戦実現の経緯、インスタフォロワー数は66万人!

2022/08/10(水)UP

東南アジアで大人気の三浦孝太。Instagramのフォロワー数は66万人超え!

 キングカズ次男・三浦孝太(20=BRAVE)が8月19日(金)、K-1 MAX&S-cupの世界トーナメント王者ブアカーオ・バンチャメーク(40=タイ)とタイのラジャダムナンスタジアムにおいて、エキシビションマッチで対戦することが決まっている。
 このドリームマッチ実現の背景には、東南アジアでの三浦の大人気が大きく関係しているという。

【フォト】今回の会見&試合、そしてバキバキ計量写真

 本日10日に行われたブアカーオとの対戦発表会見では、BRAVEジムの宮田和幸代表と三浦が出席。ブアカーオ戦が決まった経緯について宮田代表は、「今回の試合は、もともとムエタイのコーチを呼びたくてタイ側と交渉していましたが、その流れの中で、孝太が東南アジアで人気があるため、ブアカーオ選手と試合をしないかと話がありました」と説明した。

 三浦が東南アジアで爆発的に人気になったのは、昨年のRIZIN大晦日大会でYUSHIをサッカーボールキックでKOした直後のこと。ファンがTikTokで三浦の試合映像をアップしたところ、これがバズって一気にその名が広まったという。加えてそのビジュアルの良さもあるだろう。父が”キングカズ”ということも手伝ったのかもしれない。タイは現在サッカーブームでタイのナンバーワンの人気スポーツとも言われている。
 三浦は「最初、僕のInstagramのフォロワーは3000人くらいだったんですが、10万、20万と一気に増えていきました」と明かす。現在は66万6千人に達し、まだまだ増えそうな気配だ。

RIZINへの思いを語る三浦。彼の真面目な性格もフォロワー数の増加につながっているのかもしれない

 フォロワーの半数は東南アジアといい、三浦が格闘家と知らずにファンになった人もいるようだ。今回のブアカーオ戦は、三浦を目当てに集まるファンも多くいることだろう。
 
 三浦は「僕が言うのはおこがましいかもしれませんが、タイでブアカーオ選手と試合をすることで東南アジアで、さらにRIZINの名前が広まってくれれば嬉しいです」とコメントしている。広告塔となる覚悟で、タイのリングへ上がる決意があるようだ。

 試合キャンセルして迷惑をかけた分、少しでもRIZINに恩返しをしたいという三浦。彼のそうした真面目な思いも、フォロワー数の増加につながっているのかもしれない。三浦は今回のエキシ戦をいい経験として9月25日のRIZINにつなげたいと語っている。

▶次ページは【フォト】今回の会見&試合、そしてバキバキ計量写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】三浦孝太がSNSで35万人フォロワー突破で、アジア圏で大ブレイク

・【RIZIN】三浦孝太が”サッカーボールキック”KOに「格闘技でボールより速いものを蹴ることはない」

・【RIZIN】“キング・カズ”次男・三浦孝太が会見で着ていた赤スーツは、「父親が用意していた1着」と告白=大晦日 さいたまSA

・【RIZIN】キングカズ次男・三浦孝太がサッカーボールキックでフィニッシュ!「格闘技界のキングになる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧