TOP > ニュース 一覧

【ビッグバン】王者・鬼山桃太朗が三冠王・一航を迎え防衛戦、山際和希vs都木航佑の王者クラス対決も

2022/09/07(水)UP

蹴りの名手・一航(左)が、激闘型の王者・鬼山(右)に挑む

 9月11日(日)東京・後楽園ホールでキックボクシングイベント『Bigbang・統一への道 其の43』が開催される。メインイベント第2試合[スーパーバンタム級タイトルマッチ/3分3R]では、同級王者・鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に、元WBCムエタイバンタム級王者・一航(新興ムエタイジム)が挑む。

【動画】王者・鬼山が強烈右フックでKO!相手は立てず

 鬼山はバチバチの打ち合いを好むスタイルで、20年11月にBigbang王座を戴冠。K-1グループでも活躍し、Krushで2連続KO勝利していたが、昨年3月、現K-1王者の金子晃大にKO負け。その後またもKrushで2連勝するが、Krushの王座トーナメントで璃明武に、今年2月K-1のスーパー・バンタム級王座決定トーナメントでは玖村将史に敗北した。今回の防衛戦で再起に挑む。

 対する一航はNJKFのトップファイターで、WBCムエタイ日本統一バンタム級王座をはじめ、3本のベルト戴冠歴がある3冠王だ。上記のK-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに参戦したが、1回戦で璃明武に判定負けした。6月の次期挑戦者決定戦に勝利し、今回の一戦に挑む。
 K-1の王座トーナメントで激突したかもしれない2人がベルトを巡って戦う。

武尊の後輩・橋本実生も参戦

 メインイベント第1試合では、第7代Krushウェルター級王者の山際和希(谷山ジム)と、KROSS×OVERウェルター級王者・都木航佑(キャピタル レイズ)が67kg戦(3分3R)で戦う。
 さらに第7試合の54kg戦(3分3R)では、かつて格闘代理戦争でも注目を集め、現在Krushで活躍する橋本実生(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)が鈴木太尊(谷山ジム小田原道場)と対決する。

 また第6試合では、一航の兄であり、WBCムエタイ日本統一フェザー級王者の大田拓真(新興ムエタイジム)が58kg戦で、龍斗(team NOVA)と戦う。大田もまた、今年5月にKrushデビューしており、判定勝利を挙げている。
 今回はK-1グループで活躍する選手の参戦も多く、K-1ファンにも注目の大会だ。

☆この大会の試合順、スケジュールなど詳細

▶次ページ:【動画】王者・鬼山が強烈右フックでKO!相手は立てず

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・メイウェザー、朝倉戦に「自分よりデカいのは気にしない、試合も見てない」と自信、”楽しませる”長い戦いも示唆

・ぱんちゃん璃奈、予定より早い”蹴りの許可”に喜び!美腹筋見せ「あと62日でバキバキになる」

・【素手ボクシング】ムエタイ伝説ブアカーオ、恐怖のボディブローKO勝利!秒殺負け相手は悶絶で立ち上がれず

・素手ボクシングで秒殺KO勝利のマッスル美女、やり過ぎな“バストアピール”も絶賛の声

・ボリウッド人気女優のバックスピンキックが話題、格闘技トレを行う理由とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧