TOP > ニュース 一覧

メイウェザー、朝倉戦に「自分よりデカいのは気にしない、試合も見てない」と自信、”楽しませる”長い戦いも示唆

フォロー
2022/09/07(水)UP

8月31日、ハワイで会見に臨んだメイウェザー

 9月25日に行われる格闘技イベント『超RIZIN』での対戦に向け、元プロボクシング元世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー(45=米)が朝倉未来戦へ向けたインタビューが『ABEMA 格闘ch』YouTubeで昨夜6日、配信された。
 メイウェザーは朝倉が体格が上でも気にしない、リアルファイトならなら早く終わらすのもいいが、観客を楽しませるため、もう少し長いラウンドを考えているなど自信を語った。

【フォト】朝倉とメイウェザーの体格差、昨年の両者の計量マッスルボディ

 この対戦は3分3Rの体重無差別のボクシングエキシビションマッチだ。体重は約10kg朝倉が上になると見られているが、昨年8月、メイウェザー は自身より15kg重いローガン・ポールとエキシビションで対決済みだ。

 メイウェザーは「俺は相手が自分よりデカかったり、強いと言われていたり、訓練を積んできていたりなど、全く気にしない。いつも最終的に大事なのはメンタルだ。俺は常にメンタルは準備できている。だから相手が強いと言われていたり、デカかったりという前評判は本当に気にならないんだ。相手が理解しているのは、メイウェザーと対戦することは最強と対戦するってことだ」と朝倉を気にしていないと言う。

 朝倉を研究しているかの質問にも「全く見ていない。俺のチームのみんなと話したのは『彼はサウスポーだ』ということだ。しかし、それは気にならない。前回日本に来た時もサウスポー(那須川天心)と戦って、結果はご存知の通りだからね」と圧倒的な自信を見せる。その裏付けはこれまで世界中の猛者(パッキャオや”カネロ”アルバレスら)と戦っていることにもある。
「朝倉未来は主に日本で戦っている。世界中の選手と戦っている俺とは経験の差がかなりある」とメイウェザー。

 KOする自信については「俺はみんなに素晴らしいショーを見せるために行く。これが単なるリアル・ファイトだって言うなら、すぐに終わらせるだけでいいんだろうけど、前回日本に行った時に試合が早く終わり過ぎて、ファンは十分に楽しめなかったと思う。だから、今回はできることなら長い時間やりたいね。でも前回は短かったけど、エキサイティングだったことには変わりないかな。俺自身はファンにもっと楽しんでもらいたいから、もっと長い時間やりたいのさ」と計画的に長い時間で戦うとする。

 朝倉は「一発で倒せる自信がある。勝負事の時、100回に1回を持っていく自信があるんで、それを当日は入れる」と長い時間であれば朝倉のチャンスも増えるだろう。

 3分3Rの体重無差別のボクシングエキシ、朝倉はメイウェザーを倒すことができるか。

▶︎次のページは【フォト】朝倉とメイウェザーの体格差、昨年の両者の計量マッスルボディ

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【超RIZIN】朝倉未来、メイウェザー戦に「俺はKO負けしたことがない、一発で倒せる自信がある」

・メイウェザーが朝倉未来に”超上から目線”「彼は8Rもたない」

・朝倉未来を突き飛ばした男の正体、元格闘家でこの”マッスル度”「メイを守るためならブルース・リーでも戦う」

・道端カレン、次はビキニ全国大会へ”アウトライン出す”=フィットモデル競技での惜敗も前へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧