TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】扇久保博正と勝利したスーチョル、共に妻が出産を控えていた「父親がどれほど強いか分かっている」

2022/09/25(日)UP

扇久保に勝利したスーチョル

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.38』のRIZIN MMAルール61.0kgで、扇久保博正(パラエストラ松戸)に判定勝利したキム・スーチョル(韓国/ROAD GYM WONJU MMA)が試合後インタビューに応じた。
 1Rから激しい打撃戦を展開し、扇久保の左目を早くも腫らせたスーチョル。2Rにはダウンを奪ってはヒザの嵐を見舞うなど、スタンドの攻防で優ってみせた。
 3Rには扇久保の起死回生のギロチンチョークであわやという場面もあったが、すんでの所で外してみせ、またも打撃の雨を降らせ勝利した。

【動画】スーチョルが扇久保をパンチでダウンさせ、怒涛のヒザ蹴り連打!

 スーチョルは「扇久保選手には申し訳ないが、もう少しスカっと気持ちよく試合を終えたかった。だが空回りしてしまいました」と勝利するも納得いかなかったようだ。

豪快なハイキックを繰り出すスーチョル

 スーチョルの強烈な打撃を食らい続けても、倒れなかった扇久保については「一つの家庭の家長、父親というものがどれほど重い責任感を持っているか、どれほど強いかは私もわかっているつもりです。私も今妻が子どもを宿していて、10週目です」と、実は扇久保と同じく出産を控える父親同士だったと語る。扇久保の妻・京香さんも11月に出産予定で、ほぼ同時期と言える。

 続けて「ですから扇久保選手にせよ、私にせよ、どちらがパンチを食らっても、かなり出来る所まで耐えたと思います」と共に出産を控える父親同士、倒れるわけにはいかなかったのだろうと慮る。

扇久保のギロチンチョークに耐えるスーチョル

 3Rに極められかけたチョークについては「自分は耐えられると思っていました。首だけがかかっているチョークではなく、腕もかかっていたからです。ただ見方によっては、レフリーがそうではなかったと捉えると思ったので、大丈夫だとアピールしました」と実は腕が入っていたのだと言う。

 今後の展望として「第一歩を良い形で締めくくれたと思いますが、今日のような試合運びではダメだなと思いました。第2RでKO勝利出来たなら、堀口恭司選手と戦いたいとコメントしようと思っていました。でもいつかは当たりたいと思っています。機会さえ与えてくれれば頑張りたいと思っています」と思うような勝ち方でなかったにせよ、堀口恭司と対決したいと希望した。

▶次のページ:【動画】スーチョルが扇久保をパンチでダウンし、怒涛のヒザ蹴り連打!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・9.25『RIZIN.38』全試合 結果 速報(堀口恭司vs金太郎、伊澤星花、浜崎朱加ほか)ライジン 試合結果

・扇久保博正、流血の激闘もキムが勝利、ギロチンで逆転チャンスも及ばず

・[本日の試合]堀口恭司ヒヤリ、ダウンを奪われピンチも逆転一本勝ち

・朝倉未来、記憶が飛んだことを告白「地面がゆがんでいて、立てなかった」

・メイウェザーが朝倉未来の健闘を称賛「とてもタフで、覚悟が伝わってきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧