TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】堀口恭司、作戦無視しコーチから「何やってんだと怒られた」フライ級への転向も示唆

2022/09/26(月)UP

見事な一本勝ちで再起した堀口

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.38』のメインイベント、RIZIN MMAルール61.0kgで、金太郎(パンクラス大阪稲垣組)に一本勝ちした堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が試合後インタビューに応じた。

【動画】堀口の逃れられない肩固め!ダウンを喫したシーンも

 1Rには金太郎の左ストレートをもらい、フラッシュダウンも喫した堀口。しかしその後はグラウンド戦へ持ち込み、2R開始直後にテイクダウンし、肩固めで一本勝ちを決めた。

 堀口は2連敗からの勝利に「嬉しいですね」と笑顔も「ちょっとパンチももらってしまったので、もうちょっと自分の得意な組技とかに持っていけば良かったかな」と打撃戦にこだわりすぎたと反省。ATTコーチのマイク・ブラウンからも「何やってんだお前、もっと最初からテイクダウンに行けと怒られた」と言う。
 元々、金太郎の打撃を警戒し、テイクダウンをとって寝技で決めるプランだったが「欲張っちゃって、打撃でいこうと」思ってのことだと言う。

 もっとも金太郎の”堀口対策”も感じたと言う。堀口は「すごく自分の研究をしてきて、タックルにいきづらい戦い方をしてきましたね」と、タックルのやりにくさもあったようだ。

 フラッシュダウンを喫した際は「一瞬だけ意識がなくなって、すぐに直りました。焦りとかは全くなかったです」と大勢に影響はなかったと言う。

 今後については「負けてるので海外でやり返したいという気持ちがあります」と海外志向ながらも「でもRIZINに出てくれというのであれば、榊原さんが組んでくれると思います」とRIZINでも戦う可能性があるとする。

 今後、海外で戦う際の階級は「今回も4kgくらいしか落としてなくて、もっと落とせるので階級を落としたいと思います」とフライ級への転向を視野に入れる。 
 その主戦場については「まだUFCのベルトも取っていない」としながらも「まずはしっかりと、ベラトールのベルトを巻きたいなと思っています」と語る。

 堀口は先日の会見で「(ベラトールに)フライ級の階級を作ってほしい」と要望していたように、UFCとは違いベラトールに男子フライ級は存在しない。
 今回の再起を糧に、ベラトールバンタム級でのリベンジ、そしてベルト奪還を狙うことになりそうだ。

▶次のページ:【動画】堀口の逃れられない肩固め!ダウンを喫したシーンも

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・堀口恭司ヒヤリ、ダウンを奪われピンチも逆転一本勝ち

・メイウェザーが朝倉未来を2RにKO!右ストレートで沈める

・平本蓮のビッグマウス炸裂、元DEEP王者・弥益ドミネーターと対戦決定に”勝って当たり前、もっと格上と”=11月愛知

・メイウェザーが朝倉未来の健闘を称賛「とてもタフで、覚悟が伝わってきた」

・朝倉未来、記憶が飛んだことを告白「地面がゆがんでいて、立てなかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧