TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥、デビュー10周年に宣言「年内4団体統一王者に、無敗街道を続ける」

2022/10/03(月)UP

井上尚弥がプロデビュー10周年を迎えた(Naoki Fukuda)

 プロボクシング、バンタム級3団体統一王者の井上尚弥(29=大橋)が10月2日でプロデビュー10周年を迎えた。
井上は自身のTwitterに「気づけば今日でデビュー10周年、まだまだ無敗街道突き進みます。そして今年は4団体統一王者になります」と宣言した。

【フォト】井上尚弥のバキバキボディとKOの瞬間の写真

 井上は小学校1年からボクシングをはじめ、高校ではインターハイ、国体、全日本選手権を制覇するなど、高校生では日本ボクシング史上初の7冠を獲得。卒業した12年の4月に19歳になった井上はプロに転向し、同年10月2日、後楽園ホールでプロデビューした。

 49.0kg契約級8回戦、相手はフィリピン王者で東洋太平洋ミニマム級7位のクリソン・オヤマオ(フィリピン)。KO負けのなかったフィリピン人王者を技術的に翻弄し、初回に右のボディストレートでダウンを奪うと、第4ラウンドに鮮やかな左ボディでKO勝ちを収めた。

 6戦目で世界王者、8戦目では世界最速の2階級制覇王者に。そして18年5月にはバンタム級を制し3階級制覇王者となった。そのバンタム級を4団体制覇に向け年内にWBO王者ポール・バトラー(英国)との対戦が調整されている。井上の宣言通り、年内、日本初の4団体統一王者誕生に期待される。

▶︎次のページは【フォト】井上尚弥のバキバキボディとKOの瞬間の写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【井上のプロデビュー戦】12年6月、記事と写真

・井上尚弥のボディブローが食い込んでゆく分解写真とスロー映像「マジでえぐい」など話題

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

・話題のリングガール雪平莉左が”Fカップ美ボディ”披露、井上尚弥戦の涙も語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧