TOP > ニュース 一覧

【RISE】白鳥大珠、人気急上昇のYA-MANを完封宣言「僕は喧嘩スタイルはできないので、自分を貫く」=10.15

2022/10/06(木)UP

鋭いパンチを繰り出す白鳥(C)RISE

 10月15日(土)東京・大田区総合体育館で開催される『RISE WORLD SERIES』のSuper Fight!スーパーライト級(-65kg)で、YA-MAN(TARGET SHIBUYA)と激突する白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者)が公開練習を行った。

【動画】白鳥が梅野を1R KOしてRISE世界トーナメント優勝(2019年)

 白鳥は卓越したテクニックを武器とし、19年2月には第5代RISEライト級王者を戴冠。同年9月にはRISEワールドシリーズに優勝し世界王者に。昨年はRIZIN KICK ワンナイトトーナメントで優勝。輝かしい実績を残してきたが、近年は原口健飛や直樹に敗北。今年6月『THE MATCH 2022』ではゴンナパー・ウィラサクレックにKO負けを喫している。

卓越したテクニックを誇る白鳥(C)RISE

 白鳥自身、「東京ドームで5.6万人いる中で派手にぶっ倒された。RISE代表として情けない姿を見せてしまったし、世間の評価はだいぶ下回っている」と前回の負けで株を落としてしまったと認識。「ずっと負けているというイメージを持たれているので、ここでひっくり返したい。ここでつまづいてはいられない」と再起を誓う。

 今回対戦するYA-MANは、白鳥と対照的に6連勝中と絶好調。白鳥食いに闘志を燃やす男だ。YA-MANのファイトスタイルについては「喧嘩ファイトで1Rから殴り合い上等」と分析する。

意気込みを語る白鳥(C)RISE

 これまでYA-MANの真っ向勝負に巻き込まれ、多くのファイターがマットに沈んできたが「自分には自分の戦い方がある」と語るように、自身のペースで試合を進めるつもり。「いずれ3分1ラウンドの中で打ち合う場面は出ると思いますが完封したい。彼には彼なりの良さはある。僕は喧嘩スタイルはできないので、自分を貫くだけ」と宣言する。

 YA-MANは常に打ち合うスタイルで会場を沸かせているが「殴り合いだけが面白いわけじゃない」ときっぱり。「違った部分の面白さを見せたい」とする。白鳥が持ち前のテクニックで会場を沸かせてくれそうだ。

イケメンファイターとして女性の支持も集める白鳥(C)RISE

 相手より優っている部分を問われると「まず外見。キックのスタイルとしてはトータル的に勝っていると思う」と自信満々にコメント。「ここ数戦はパッとした試合はできていないし、発揮しきれていない。ここが勝負所です」との言葉から、この試合に懸ける気持ちは大きさをうかがわせた。

 果たして白鳥は、真っ向勝負のYA-MANに自分のスタイルを貫けるのか。過去に世界の頂に立った王者が、人気急上昇中の男に上位ランカーの厳しさを教える。

▶︎【動画】白鳥が梅野を1R KOしてRISE世界トーナメント優勝(2019年)

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】YA-MAN、白鳥大珠を初回KO宣言「女性ファンを俺につけたい」=大注目カード決定

・【THE MATCH】喧嘩マッチはYA-MANが109秒、左フックで芦澤をKO

・【RIZIN】梅野源治、二刀流ガーダムとの対戦で「ヒジ打ちの怖さを見せたい」=10.23

・【ボクシング】”これは痛い!”武居由樹のパワーヒットの瞬間の数々、世界一カメラマン福田氏が激写

・UFC人気ウクライナ美女戦士が『PLAYBOY』で大胆グラビアデビュー!鍛えたボディを惜しげもなく公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧