TOP > ニュース 一覧

【修斗】石井逸人が藤井伸樹を迎え初防衛戦、清水清隆はラストマッチで新鋭・山内渉と対戦=11.27

2022/10/20(木)UP

石井逸人vs藤井伸樹

 11月27日(日)に東京・後楽園ホールで開催される『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.7』の対戦カードが発表された。[環太平洋バンタム級チャンピオンシップ5分3R]にて王者・石井逸人(TRIBE TOKYO MMA)が、藤井伸樹(ALLIANCE)を挑戦者に迎え初防衛戦を行う。

【動画】藤井伸樹が激闘の末、右ストレートを炸裂させKO勝利

ノーガードで挑発する石井(右/2022年5月)

 石井は柔道をベースに持ち、試合場全てを使う躍動感溢れるファイトスタイルが信条。今年5月に前王者・小野島恒太に判定勝利し、第11代環太平洋バンタム級王座を手にした。

 対する藤井は長くパンクラスを主戦場に戦い、16年から18年にかけて6連勝をマーク。18年11月に修斗に舞台を移すと、毎回繰り広げられる激戦から“最も戦いたくない男”と称される。今年1月には[環太平洋バンタム級チャンピオン決定戦]のチャンスを得るも小野島恒太に敗れ王座を逃した。前戦は5月で齋藤翼に判定勝利している。

 世界バンタム級王座も狙う石井が初防衛を果たすのか、虎視眈々とチャンスを狙う藤井が悲願の戴冠なるか注目の一戦となりそうだ。

清水清隆vs山内渉

 また、この大会で引退する清水清隆(TRIBE TOKYO MMA)と山内渉(FIGHT FARM)がフライ級で対戦決定。清水は、2008年にPANCRASEでデビューを果たしてから、2009年のネオブラッドトーナメント・フライ級で優勝、2010年2月にはフライ級キング・オブ・パンクラス・チャンピオンシップで砂辺光久を撃破し、王座を戴冠するなど活躍。現役引退を表明後、今年7月には約7年ぶりにPANCRASEへ復帰し、佐々木亮太に一本勝ちを収めた。

 清水からの唯一の対戦相手に関するリクエスト「今、一番勢いのある若い選手」として白羽の矢が立った山内は、デビュー以来負けなしの4連勝で世界ランカーとなった新鋭。国内フライ級で一時代を築いた清水の意地が未来を叩き潰すか、山内が新時代を切り開くか。

後藤丈治vs須藤拓真

 修斗初参戦の“レッグハンター”須藤拓真(X-TREAM EBINA)は、世界ランカー“アンストッパブル”後藤丈治(TRIBE TOKYO MMA)と対戦。バンタム級の一戦となる。

 須藤は6勝中5勝が足関節での一本勝ちという、足を捉えればどこからでも一本を狙ってくる“極め”主体のファイトスタイルを持ち、後藤は開始から終了まで常に動き続けながら打撃を中心に打ち込んでいく。超足関節特化型vs超打撃特化型の対決が実現した。

澤田千優vs小生由紀

 また、1年に渡り熱戦を展開してきた初代世界女子アトム級王者を決める「インフィニティリーグ2022」の優勝者が今大会で決定する。優勝の可能性があるのは、現在勝ち点8で首位を走る澤田千優(AACC)、9月に久遠から2R一本勝ちを収め、勝ち点を4にした小生由紀(グランドスラム沖縄APP)の二人だ。

 澤田は引き分け以上で優勝が確定、小生が優勝するためには1RでのKOもしくは一本での勝利が必要になる。小生が前述のように1RでKOか一本で勝利すると勝ち点4を獲得し澤田と同点だが、この場合は直接対決で勝利している選手が優勝となり、小生が王座獲得となる。果たして初代王座を手にするのはどちらか。

 他に、永尾音波(AACC)と菅野縁(RISING SUN)のストライカー対決。齋藤奨司(FIGHT FARM)と新井拓巳(ストライプル新百合ヶ丘)の新人王準決勝戦が発表された。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】藤井伸樹が激闘の末、右ストレートを炸裂させKO勝利

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【修斗】ラスト10秒壮絶殴り合い! 石井逸人が小野島恒太との激闘を制し、新王者に

・【修斗】藤井伸樹が寝技地獄、”山本アーセンにKO勝ち”の加藤ケンジを大差で下す

・マクレガーが驚きのマッスル化!太すぎる首に「チョークも極められない!」と驚きの声

・【BreakingDown】“ゴマキ弟”後藤祐樹、高速チョーク極めが話題!挑発男に余裕のメッセージも

・元ヘビー級王者ワイルダーの一撃KO”スロー映像”公開、棒のように崩れ落ちる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧