TOP > ニュース 一覧

【WBCムエタイ日本王座決定戦】11.13 畠山隼人vs真吾YAMATOが3度目の対決「KOで終わる」(畠山)「3度目の正直、ぶっ倒す」(真吾)=選手データあり

2022/11/09(水)UP

2度目の対戦でも、畠山(右)が真吾(左)にKO勝利で返り討ち

 11月13日(日)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2022 4th』では[WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王座決定戦]で、NJKFスーパーライト級王者・畠山隼人(E.S.G)とNJKFスーパーライト級暫定王者・真吾YAMATO(大和ジム)が、王座を争う。

【動画】畠山vs真吾の2度目の対決、畠山が重い連打でKO勝利!

【見どころ】

 両者は今回3度目の対決。18年に畠山が真吾にKO勝利しNJKFスーパーライト級王座を獲得。20年2月にはまたも畠山がKO勝利で防衛成功している。
 真吾はその後、昨年11月にTKO勝利で暫定王座に就くと、今年7月には新日本キックのエース・重森陽太にTKO勝利、10月にはTKO勝利でWMC日本スーパーライト級王座も獲得し勢いに乗る。

左フックで壮絶KO勝ちする畠山(左)

【選手データ】 
・畠山隼人(34=E.S.G)身長174cm、体重63.5kg、埼玉県出身
構え:右、戦績:34戦20勝12敗2分(9KO)、NJKFスーパーライト級王者

・真吾YAMATO(26=大和ジム)、身長183cm、愛知県出身
構え:右 NJKFスーパーライト級暫定王者、WMCムエタイ日本スーパーライト級王者

【この王座決定戦に向けた意気込み】(10月26日主催者提供)

畠山隼人

(現在のコンディションについて)
絶好調。自分を知ってる人なら見れば変化に気づけると思う。

(試合への意気込み)
(真吾には2戦2勝2KOしていることについて)もちろん自信もあるが“やりやすい”と感じたことはない。互いに一撃があるので、KOで終わりそうな気がする。(1年半ぶりの試合に)なんとなく復活じゃなく、強くなってるところを見せる。

真吾(右)が新日本キックエース・重森陽太をヒジでダウン奪い勝利=今年7月

真吾YAMATO

(現在の練習について)
連勝前は過去の試合を見るのが怖くて、動画さえ見れなかった。でもやっぱり復習して進化を遂げないとダメ。しっかり見直して、それが連勝に繋がっている。もう常にアップデートしている感じ。

(試合への意気込み)
必ず勝つ。3度目の正直。2回ともぶっ倒されているので、2回分の悔しさや悲しさとか気持ちを全て乗っけて、完全決着つける。当時の自分とは絶対違うので“見とけよ”みたいな感じでぶっ倒しに行く。
勝てばの話だが、“僕を強くしてくれてありがとう”と伝えたい。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次のページ:【動画】畠山vs真吾の2度目の対決、畠山が重い連打でKO勝利!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・平本蓮、これが”電光石火”のダウン映像!”武道空手”生かした空間とパンチ力

・【BreakingDown】こめおがハイキックでまさかのダウン!“濱の狂犬”黒石高大が勝利の男泣き

・井岡戦で「ミス着物」が黒ビキニラウンドガール、グラマラスさも話題に

・ブレイキングダウンもビックリの女同士の大乱闘、大リーグパレードで高速パウンド連打!

・”空手美女”せりな、ブレイキングダウン注目でフォロワー1万人超えに驚き!「2名だったのに」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧