TOP > ニュース 一覧

【RISE&SB】山田洸誓「サバキでヒザぶち込む!」”最強”ペットパノムルンと対戦

2022/11/26(土)UP

公開練習を行った山田洸誓

 12月25日(日)に東京・両国国技館で開催される『RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022』で、初代RISE世界スーパーライト級王者でGLORY世界フェザー級王者のペットパノムルン・キャットムーカオ(Kiatmoo9)と対戦する、現RISEスーパーライト級王者の山田洸誓(正道会館KCIEL)が24日、公開練習を行った。

【動画】山田のKOシーン、右フック一撃でカッファが壮絶ダウン

 山田は今回が引退試合だが、ラストマッチがまさかの超強敵との対戦だ。

“ラモン・デッカーの再来”ヤン・カッファに強烈なパンチを振るう山田(右)、3RにKO勝利した

 山田は正道会館全日本を2連覇し、プロデビューすると空手仕込みの強烈な打撃でダウンを量産。無敗の11連勝で、19年にはRISEスーパーライト級王座を獲得した。
 今年6月の『THE MATCH 2022』では安保瑠輝也と対戦し、直近となる8月の試合ではGLORY世界フェザー級5位のヤン・カッファを右フックでKOした。

 対するペットパノムルンはキックボクシングの世界最高峰GLORYで-65kgの頂点に君臨する、世界最強の選手。昨年11月にRISEに参戦し、原口健飛と対戦。判定勝利すると、今年8月のRISE世界スーパーライト級王座決定戦で再び原口と拳を交え延長戦の末に勝利。RISEのベルトも手にした。そして、今月にGLORYの大会へ出場し、5度目の王座防衛に成功している。

 公開練習は、山田が代表を務める愛媛の正道会館KCIELで行われ、まずは正道会館の独自型である”実戦型1”をキレのある動きで披露。その後サンドバッグに重い突き蹴りを打ち込んで見せた。

山田のヒザ蹴り

 練習後の囲みで山田はまず「勝利しても現役続行は無い」ときっぱり。その上で「今までやってきた相手よりは当然強いが、今まで通り(心を)ブラさず練習している」と平常心で鍛錬し続けていると言う。

 ムエタイ技術に優れるペットパノムルンに、山田も空手で対抗するのかと聞かれると「サバキを入れながら、ヒザをぶち込みたいですね」と空手を生かすと言う。続けて「それは冗談ですが、サバキの技術も出来ればお見せしたい」と意気込む。

 ”サバキ”とは、相手の攻撃を受け流し有利な角度に入り、体勢を崩しては倒す技術だ。山田が練習で披露した型の中にはサバキの中でも代表的な”回し崩し”という、円の動きで相手を回すように崩す技、ヒザ蹴りを入れる等の技術が含まれている。
 正道会館創始者の石井和義氏は、元々”サバキ”を開発した芦原英幸の門下だ。山田が行ってきた稽古でもサバキや、それに近い動きが取り入れられてきたのだろう。

山田がサンドバックにパンチを打ち込む

 現RISEのエースとも言える原口健飛は、ペットパノムルンに2度の敗北を喫した。”世界最強”相手に果たしてサバキが見られるか。

 最後に「僕はRISEのファイターの中では年長者。RISEには本当に天才的な原口君とか那須川君とか、強いファイターがいっぱいいる。皆リスペクトしているが、そういう人たちに、年上としての意地を見せたい」と引退試合で、残るRISEファイターたちに渾身の戦いぶりを見せて去りたいと語った。

▶次のページ:【動画】山田のKOシーン、右フック一撃でカッファが壮絶ダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・(動画あり)山田洸誓が一撃KO勝利!”ラモン・デッカーの再来”カッファは立ち上がれず

・ラウンドガール高橋凛、ハイキックでスカート“ふわり”に挑戦!「RISEもビックリよ」

・”ツヨカワ”MISAKI、クリスマスは「勝ってラウンドガールと共に」

・激闘でボコボコのYA-MAN、整形手術でイケメンに!「モテてしゃーない」

・AKARIが当日計量1.75kgオーバーも、グローブハンデで試合実施へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧