TOP > ニュース 一覧

【RISE&SB】那須川龍心、新王者・田丸辰をロックオン「来年には挑戦、チャンピオンになる」

2022/12/06(火)UP

那須川龍心

 12月25日(日)に東京・両国国技館で開催される『RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022』のRISEルール フライ級(51.5㎏)ワンマッチでKOUJIRO(ジムファイターズ)と対戦する、那須川龍心(TEAM TEPPEN)が公開練習を行なった。

【動画】那須川龍心が強烈パンチラッシュ!TKO勝利の瞬間

 龍心はアマチュアで数々の実績を引っ提げ、今年4月にRISEでプロデビュー。今年6月には『THE MATCH 2022』の大舞台に抜粋されるも、K-1の大久保琉唯に判定負け。その後は連勝を収め、4戦3勝1敗の戦績だ。かなりのハイペースで試合をこなしているが「気を抜く暇がないので良いのかなと思います。このペースで試合でやっていきたい」と問題ない様子。兄の那須川天心と同様、大きな怪我をしたことはないという。

 試合経験を積むにつれて「余裕がだんだん出てきました。自分の試合中にできることが増えたり、考える余裕が出てきました」と進化が垣間見える。今回のミット打ちでもスピードのあるパンチで快音を響かせ、好調ぶりを見せた。体重は、現段階で朝起きた際に54.6kgほど。リミット51.5㎏に向けては「超余裕です。計量オーバーはないですね」と順調だ。

公開練習でパンチを打ち込む龍心

 今回対戦するKOUJIROは、今年3月に広島からRISE初参戦を果たした17歳。その際は松本天志を相手に判定負けを喫したが、今年5月にはジャパンカップフライ級のタイトルを獲得。既に保持していたRKSキックフライ級タイトルに続く戴冠を成し遂げた。プロ戦績は5戦4勝1敗。

「だんだん勝つイメージ、こうしたら相手は嫌だろうな、自分がこうされたら嫌だというパターンも見えています。あとは自分の不安要素を潰していく。対処の仕方を今やっています」と攻略のイメージを固めている。「ここ勝つと負けるとじゃ、これからの2、3年のビジョンが変わると思うので、ここは落とせないです」と勝利への意欲を見せる。

 今年の10月、龍心が所属するフライ級の新王者が田丸辰(TRY HARD GYM)に決定した。具体的な挑戦の時期について問われると「来年には挑戦したいですね。じゃないと身体的にも来年までが51.5kgは限界です。どんどんデカくなっていくと思うので、来年中にやりたいです」とコメント。

ハイキックを蹴る龍心

 田丸は兄・天心との親交があり、龍心も顔を合わせれば話をすることも多い。「本当はやりたくないですけど、試合が決まったらやるしかないって感じですね」と覚悟は決まっている。現時点で戦ったと仮定すると「そこまでボコボコにされないと思いますけど、絶対に勝てるという自信はあまりない」と率直な心情を述べつつ「今回の勝ち方、これからの試合の勝ち方次第で自信がついてくる」とした。

「来年はもっと今回の試合より強い人とやると思うし、チャンスも来ると思う。来年までにはチャンピオンになって、53kg、55kg、57.5kgに行きたいです」とビジョンを掲げる龍心。最後に「12月25日クリスマス、勝つと負けるのでは自分のプランもチャンスも決まってくる。KOで勝って、リングの中心で”ブラボー”と叫んでやろうかなと思っています」とファンにメッセージを送った。

▶︎次ページは【動画】那須川龍心が強烈パンチラッシュ!TKO勝利の瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】”天心の弟”那須川龍心、元ボクサー・吉田亮汰朗にパンチでフルマークの完勝

・【RISE&SB】ツヨカワ女王MISAKI、クリスマスに19歳のRISE女王・宮崎小雪との対決が決定

・芦澤竜誠がK-1から独立”他団体で戦う”、平本蓮「これで役者が揃った」

・12.4『BreakingDown』全試合 結果

・田丸辰が数島大陸を退け初代RISEフライ級王者に、二階級制覇も達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧