TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】小笠原瑛作、ムエタイ・ラジャダムナンの強豪に「首相撲からのヒジに警戒、倒す」=12.11

2022/12/06(火)UP

小笠原瑛作vsチャーパヤック・サクサトゥーン

 12月11日(日)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT 2022 vol.8』の-[スーパーファイト/KNOCK OUT-REDフェザー級/3分5R・延長1R]で対戦する小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)とチャーパヤック・サクサトゥーン(タイ)のインタビューがKNOCK OUT公式サイトにて公開された。

【見どころ】

 小笠原は“スピードアクター”の異名を取る日本人トップ選手で、俳優業もこなす。さらなる飛躍を目指しスーパーバンタム級(-55.0kg)王座を返上し、フェザー級(-57.5kg)へ階級を上げ今年9月に2階級制覇を達成。この3年間10戦10勝5KOと無敗をマーク。

 対するチャーパヤックはタイのテレビマッチで人気を集めるファイターで、昨年は4戦4勝(1KO)、今年は7戦5勝(2KO)2敗という極めて高い勝率を誇り、現在はラジャダムナンスタジアム・フェザー級9位、BBTVスタジアム・フェザー級7位にランクインしている。

【この試合に向けた意気込み】(KNOCK OUT公式サイトより)

小笠原 瑛作

小笠原 瑛作
(対戦相手・チャーパヤックの印象)
 首相撲の選手で、タイ人なのでしっかり基礎ができているというか、日本人みたいに中途半端な感じではないですよね。若いし、ラジャダムナンのランカーという実力はあるなという感じです。警戒しないといけないのは首相撲からのヒジとかですかね。あとはそういうタイプだけに、体力だったり、体の強さもかなりあるのかなと思っています。

(目指す試合イメージ)
 今回も、テーマは「倒し切る」ことです。それが一番分かりやすいだろうし、来年3月には代々木第二体育館でのビッグマッチがありますけど、そこに向けて『KNOCK OUT』のエースとして、日本人だろうとタイ人の強豪だろうと倒す、そこに尽きると思います。

蹴りを放つ小笠原瑛作(2022年9月)

(過去のタイ人選手との試合を振り返って/6戦5勝(3KO)1敗)
 以前はもっと、「ムエタイをしよう」と思っていましたね。それこそタイで3ヵ月修行をした時も、ムエタイのジムでの練習でしたし、会場ではギャンブラーもいるので、ムエタイをしないとと思っていたんですが、今回に関しては全てを使って倒しにいくという点ではちょっと違うなと思ってます。最近、僕のスタイルはムエタイともちょっと違うかなと思っていて。

(試合で特に注目してほしいポイント)
 今回“も”、覚悟を決めて倒しにいきます。そこを見に来てもらえたらうれしいです。主演映画も3月に日本国内で公開されそうだと聞いているので、今回の勝ちがそこにいい形でつながるようにしたいと思っています。

チャーパヤック・サクサトゥーン

チャーパヤック・サクサトゥーン
(対戦相手・小笠原の印象)
 YouTubeで何試合か見たけど、ムエタイの戦い方ができる選手だと感じた。ミドルキックと、バランスがいい選手だね。

(目指す試合イメージ)
日本のファンはKOが喜ぶと聞いているから、KO勝ちを狙っていく。

(小笠原にメッセージ)
 あなたと私、どちらが強いか、リングで決めましょう。

(一番注目してほしいというポイント)
 相手がどんな攻撃をしてきても、すべてで上回る。パンチ、蹴り、ヒザ、ヒジ、すべて。そして私が勝ったとしても、日本のファンの皆さん、ガッカリしないでください(笑)。

<対戦カード>
▼メインイベント(第9試合) スーパーファイト/KNOCK OUT-REDフェザー級/3分5R・延長1R
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺) 初代KNOCK OUT-REDフェザー級王者
vs
チャーパヤック・サクサトゥーン(タイ) タイ国ラジャダムナンスタジアム・フェザー級9位

【選手データ】

小笠原 瑛作(27=クロスポイント吉祥寺)身長171cm 出身 東京都
戦績:48戦41勝(21KO)6敗1分 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王者、ISKA世界バンタム級王者(K-1ルール)、WPMF世界スーパーバンタム級王者

チャーパヤック・サクサトゥーン(24=タイ)身長167cm 出身 タイ・サトゥーン県
戦績:112戦80勝(16KO)29敗3分

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】2階級制覇の小笠原瑛作がラジャダムナン現役ランカーと対戦=12.11

・【KNOCK OUT】鈴木宙樹のキック復帰2戦目がムエタイファイターに決定=12.11

・【KNOCK OUT】小笠原瑛作が「絶対に小笠原に勝つ」タイプのタイ人と対決、異例の4つの王座決定戦も=12.11

・【K-1】サッタリが衝撃のKO負け!新世代ラテスクの豪打に沈み無敗記録がストップ

・【K-1】元極真世界王者・与座優貴、元ムエタイ王者に快勝!左ハイキックでダウンを奪う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧