TOP > ニュース 一覧

皇治「成り上りたいやつ、出てこい!」新団体の立ち上げ、選手募集に「1日で500人の応募」=2.5大阪

2022/12/06(火)UP

皇治が新団体を発表

 皇治(TEAM ONE)が格闘技の新団体『NARIAGARI』をプロデュースすると発表した。「成り上りたいやつ、出てこい」と自身のように世界へ羽ばたきたいファイターを募集し、賞金総額200万円のファイトマネーを目玉に据える。2023年2月5日(日)大阪『176BOX』にて開催する。

【動画】皇治「成り上りたいやつ、出てこい」新大会のオーディションを熱烈アピール

 地方から世界へ飛び出した、皇治ならではの興行だ。
 関西の地方大会からK-1やRIZINの人気選手に”成り上った”皇治。今年9月の『超RIZIN』にはメイウェザーのボディーガード・ジジとエキシビションマッチで対戦し、3ラウンドKO勝ち。さらには先月13日にはドバイでメイウェザーの秘蔵っ子ジャハン・イングラムとも対戦、3分3Rを戦い抜き、世界的にも大きな注目を集めた。

11月、ドバイでメイウェザーの刺客と戦った””世界の皇治”

 皇治はYouTubeで「地方から中央から上がるのは難しい。埋もれてる選手がいっぱいいるので、そういう選手の踏み台になれたら」と初の大会プロデュースを決意したと語る。さらに「マイナーな団体に出るより自分の団体に出るほうが知名度もあがる。賞金もしっかり出す」と、メインの勝者は100万円を総取り、他の試合でも総額200万円の賞金を出すと言う。

 オーディションで選手を募集し、募集期間は5日から14日まで。皇治のツイッターによると「発表1日で500を超える応募」があったと言う。

 ルールは「パンチルールとキックボクシングルール」の2つ。3分1Rで行われる予定で、理由は「スター選手を作って、大きな団体へ送り込むのが目的。2分1Rとか1分1Rとか色んなルールがあるけど、喧嘩じゃないので。よりプロのルールに近い3分で」と大舞台への育成大会を目指すと言う。ゆくゆくは3Rや5Rの試合も見据える。

 また青木真也がアドバイザー的に入ってくれるとも明かし「今後はMMAとかも良いかな」とルールの多様化を見据えていた。
 スター選手・皇治の新大会から、どんなニュースターが誕生するのか。

▶次のページ:【動画】皇治「成り上りたいやつ、出てこい」新大会のオーディションを熱烈アピール

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・皇治、1Rで「これはもう無理、根性しかない」「ナイフで刺すようなパンチ」メイウェザーの刺客との激闘語る

・ぱんちゃん璃奈逮捕で、所属団体KNOCK OUTプロデューサーが謝罪文

・皇治、イングラムと大激闘!「メイウェザー、日本に来いクソ野郎」

・“K-1ガールズ”うらら、週プレデビューで大胆ボディ「こっそり読んで」

・【フォト】「ミス着物」、黒ビキニで”際どい”ラウンドガールに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧