TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】サトシが強靭ボディで“仁王立ち”計量パス!マッキーとの大将戦に「日本のために良い試合を」

フォロー 友だち追加
2022/12/30(金)UP

激突するサトシ(左)とマッキー(右)

 12月31日(土)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.40』の前日計量が30日に都内にて行なわれた。
 大会メインイベントで「RIZINvs.Bellator全面対抗戦」のライト級マッチ(-71kg)で対戦する、初代RIZINライト級王者のホベルト・サトシ・ソウザ(33=ブラジル/ボンサイ柔術)は70.85kg、元Bellator世界フェザー級王者のAJ・マッキー(27=米国)は70.20kgで共に計量をパスした。

【フォト】サトシが強靭ボディで仁王立ち、マッキーはマッスルポーズ!

 サトシは強靭な肉体で計量台に登り、“仁王立ち”のポーズ。対するマッキーは仕上がった肉体で両手を広げて最後はマッスルポーズを決めた。

 フェイスオフでしっかりと睨み合った両者。サトシは「明日は絶対RIZINのため、日本のため、良い試合をします。応援よろしくお願いします」とコメント。
 一方のマッキーは「会場のファンに皆さん、ありがとう。明日は花火を打ち上げるような凄いファイトを見せます。期待してください」と意気込んだ。

 果たして、全面対抗戦の大将戦、サトシは”世界のAJ”を相手にどのような戦いを見せるのか。

▼第15試合 RIZINvs.Bellator 全面対抗戦 ライト級(-71kg)
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)→70.85kg
vs
AJ・マッキー(米国/元Bellator世界フェザー級王者)→70.20kg

【選手データ】
サトシは数々の柔術大会で優勝を重ねた“柔術界の至宝”。RIZIN参戦すると2連勝の後、19年のRIZINライト級トーナメント1回戦でジョニー・ケースの打撃を左目に受けタップアウトで初黒星。しかし、その後は連勝を重ね、21年6月にライト級トーナメント覇者トフィック・ムサエフに一本勝ちで王座奪取。今年4月にケースにも一本勝ちしリベンジ防衛した。現在5連続フィニッシュ勝利と波に乗っている。MMA戦績は14勝1敗。

マッキーは日本のHERO’Sにも参戦したMMAレジェンドのアントニオ・マッキーを父親に持つMMAサラブレッド。昨年8月のBellatorフェザー級WGP決勝及びタイトルマッチでパトリシオ・ピットブル・フレイレをギロチンチョークで極め、デビュー以来負けなしの18連勝でWGP優勝と共に新王者に。しかし今年4月、初の防衛戦となったピットブルとのリマッチで敗戦。ベルトを失うと共にキャリア初黒星を喫した。10月には1階級上のライト級に転向し、4月のRIZINで武田光司に一本勝ちしたスパイク・カーライルに勝利し再起した。MMA戦績は191敗。

▶︎次ページは【フォト】サトシが強靭ボディで仁王立ち、マッキーはマッスルポーズ!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RIZIN】サトシ、堀口恭司ら前日計量 全員パス、ベラトール対抗戦へ意気込み=12.31 さいたま

・【テレビ・配信】大みそか「RIZIN.40」は何時から?サトシ、クレベル、堀口vs扇久保などTV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN vs.Bellator】大将戦に挑むサトシ「キャリア最も厳しい戦いに」マッキーは“サッカーボールキック”を準備「子供の頃サクラバを見ていた」

・【RIZIN】堀口恭司と扇久保博正が計量パス!因縁の3度目対決で緊迫の睨み合い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧