TOP > ニュース 一覧

【NARIAGARI】皇治、ブレイキングダウンとの対抗戦に言及、両団体の違いとは

2023/01/21(土)UP

『NARIAGARI』をプロデュースする皇治

 2月5日(日)に開催される皇治プロデュース『NARIAGARI』の対戦カード発表会見が21日に都内にて行われた。会見後に主催する皇治が囲み会見に応じ、将来的なブレイキングダウンとの対抗戦について言及した。

【フォト&動画】”ブレダウ”としぞうと元ムエタイ王者・矢島が睨み合い、2人の激しい会見の動画も

 昨今、様々なタイプの格闘技コンテンツが乱立する中で、飛躍的な成長を遂げている急先鋒がブレイキングダウンだ。『NARIAGARI』がこの立ち上げ当初から比較されることが多い中、“対抗戦”についての意識はあるかとの質問に「俺に関しては全くない。自分自身もK-1いる時からRIZINでやりたいと言ってたし。(対抗戦やるなら)選手一人一人が自分で動けば良い。それで皆で格闘技界が盛り上げたらいい。なので、今回ブレイキングダウンからとしぞう選手が来たが、何の抵抗感もない。(反目するのではなく)皆で格闘技を盛り上げたらいい」とコメント。

矢島(左)と、としぞう(右)

 続けて『NARIAGARI』とブレイキングダウンとの違いについて「自分たちはプロ団体を支える様な団体にしたい。俺がお世話になった格闘技界が盛り上がってくれればいい。でも、ブレイキングダウンは1分間で素人がプロに勝てるんじゃないかというコンセプトでしょ?だから全然自分たちと畑が違うと思っている」と、団体の存在意義の根本が違うものであるとの認識を示した。

 皇治はまた、『NARIAGARI』の開催について年間3回を目標にするといい、海外選手の招聘は、戦う選手がそれに見合うレベルに到達すれば検討するという。NARIAGARIの名前が付いたタイトル戦は今のところ考えていないが、ISKAなどのタイトルマッチの実施を『NARIAGARI』の舞台で実施するのは面白いとした。

 また、会見で自身の参戦を匂わす発言をしたが、そのことについては「あるんじゃないですか。ないことはないと思います」と皇治が自ら参戦することも示唆した。

 皇治がプロデュースする『NARIAGARI』。どの様なイベントになるのか、注目だ。なお、この大会はSmartNews「格闘技チャンネル」で2月5日に独占無料LIVE配信される。

☆この大会の対戦カードなど詳細

▶︎次ページは【フォト&動画】”ブレダウ”としぞうと元ムエタイ王者・矢島が睨み合い、2人の激しい会見の動画も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【NARIAGARI】”ブレイキングダウン”としぞうが元ムエタイ王者と対戦決定に「負ける気がしない、気合と根性で勝つ」

・皇治、”ブレイキングダウン”としぞうにぶち切れる「おちゃらけなら、他でしてくれ」

・【NARIAGARI】髪をつかむ乱闘勃発、突然ヅラが外れ”何やこれ!”乱闘ストップに皇治ニヤける

・【NARIAGARI】皇治、“電話ボックス戦”の批判に反応、皇治と運営側が説明=独自取材

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧