TOP > ニュース 一覧

”悪童”マスヴィダルがボクシング大会開催、ロイ・ジョーンズ他、有名UFCファイターら集結

2023/02/07(火)UP

ペティスが公開した公式ポスター @Showtimepettis

なんとUFC”悪童”ホルヘ・マスヴィダルがボクシング大会を主催する。4月1日(土・現地時間)米ウィスコンシン州ミルウォーキーにて行われる『Gamebred Boxing 4』がそれだ。UFCトップ選手も多く参戦し、メインイベントは元プロボクシング世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・Jr(54=米)vs元UFC世界ライト級王者アンソニー・ペティス(36=米)だ。なお、全ての試合は正式なボクシングマッチで行われ、エキシビションはない。

【動画】ジョーンズが両手を後ろに組んでからのKO勝利!ペティスがスーパーマンパンチでKO

マスヴィダルがレジェンド集めたボクシング大会を開催

 悪童の愛称で人気のUFCファイター・マスヴィダルは近年、ベアナックルのMMA団体『Gamebred FC』や、若手育成を中心としたMMA団体『iKON FC』など次々と大会をプロモートしているが、今度はボクシングのレジェンドや、UFCのビッグネームを集めたボクシング大会を行う。

 マスヴィダルは6日(現地時間)ポッドキャスト番組で、ボクシング大会『Gamebred Boxing 4』の開催を発表。
 メインイベントにはボクシングでミドル級からヘビー級までの4階級を制覇した“スーパーマン”ロイ・ジョーンズJrを迎え、元UFC世界ライト級王者アンソニー・ペティスと8回戦のボクシングマッチを行う。

 ジョーンズは18年に最後のボクシング戦を行った後、20年にマイク・タイソンとエキシビションマッチを行い、ドローとなっている。対するペティスは13年にUFCライト級王者となり、現在はPFLで活躍している現役のMMAファイターだ。
 圧倒的なボクシングの実績と、階級ではジョーンズが上だが、現役バリバリで20歳近い差のあるペティスとどのような戦いを見せるか。

ジョゼ・アルドもボクシングマッチ参戦

 また、アンダーカードとして元UFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルド(ブラジル)と、こちらもUFCフェザー級で活躍した”名勝負製造機”ジェレミー・スティーブンス(米)が6回戦で対決。両者は18年にUFCで対戦しており、アルドが1Rでボディを効かせTKO勝利している。

 さらに元UFCライトヘビー級王者ビクトー・ベウフォート(ブラジル)が、元Strikeforce世界ミドル級王者ホナウド・ジャカレイ・ソウザ(ブラジル)と6回戦で対決する。
 他にも、UFC・ベラトールで活躍した元Cage Rage世界ウェルター級王者ポール・デイリー(英)が、UFCやボクシングでも活躍するアンソニー・テイラーと対戦。
 女子でも美女MMAファイターとして人気のパール・ゴンザレス(アメリカ)と、UFCファイターのジーナ・マザニー(アメリカ)が対戦する。もちろん全てボクシングマッチだ。

 マスヴィダルはこの大会の一週間後、4月8日の『UFC 287』のギルバート バーンズとの対戦を控える。
 マスヴィダルは「最高の気分だ。俺は”戦うこと”だけに囲まれている。他には何もない」とせわしない状況にも満足気だ。ボクシングマッチを行うことについては「誰の顔色もうかがわない。エキシビションを行うつもりもない」と、ビッグネームを呼びながらあくまで”ガチ”にこだわると語った。

【動画】ジョーンズが両手を後ろに組んでからのKO勝利!ペティスがスーパーマンパンチでKO

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】悪童マスヴィダル、連敗脱出なるか、柔術黒帯バーンズと激突!=4.9

・【ボクシング】タイソンのボディブローが効いた! ジョーンズは思い通り試合ができず

・【動画】UFC史上最速“5秒”、マスヴィダルの戦慄“ヒザ蹴り”KO!

・人気リングガール天野麻菜が初写真集で限界ボディ「最初で最後」

・話題のラウンドガール波田さん、黒ビキニ再び!念願の屋外サウナも凄すぎる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧