TOP > ニュース 一覧

国内MMA団体が集結し“合同新人トーナメント”を開催、7団体が参画

フォロー 友だち追加
2023/02/07(火)UP

集まった6団体の代表、左から柿原代表、櫻井代表、坂本代表、岩崎代表、佐伯代表、高谷総監督、JUDGESQUADの山崎明氏

 国内のMMA団体が合同して行う新人王決定トーナメント『JMMA Rookies Cup』の開催が決定し7日、記者会見が行われた。国内団体の枠を超えての新人王トーナメントは、日本初となる。

 会見には6団体の代表者が出席した。
 呼びかけ人である『GRACHAN』の岩崎ヒロユキ氏の他、『修斗』の坂本一弘氏、『DEEP』の佐伯繁氏、『GLADIATOR』櫻井雄一郎氏、『WARDOG CAGE FIGHT』柿原勇気氏、『格闘DREAMERS』から高谷裕之氏の面々だ。
 なお出席予定だった『Fighting NEXUS』山田峻平氏は仕事の都合で欠席となった。

呼びかけ人の「グラチャン」代表岩崎ヒロユキ氏

 トーナメントはフライ級とフェザー級の2階級で行われ、上記の計7団体から各級1人ずつ推薦される。
 参加資格は「各プロモーションが推薦する3戦以下の選手」もしくは「各プロモーションを主戦場にし、出場を3戦以上しており、プロデビューしてから2年以下の選手」となる。

 初戦は3月19日の『極〜KIWAMI〜×GRACHAN』(幕張メッセ)、準決勝は5月14日の『GRACHAN61』(大田区産業プラザPIO)、決勝戦は10月8日『GRACHAN64』(幕張メッセ)で行われる。

 岩崎氏によると、今回のトーナメントの趣旨は「世界に通じる日本人選手の育成」であり、合同でやろうと呼びかけた理由として「MMAの先輩方と何か一つをやることによって、日本のMMA文化を受け継げるのでは」と国内MMA文化をより確固としたものとしたいとのことだ。

 また今後、新人戦ばかりでなく、各団体のトップファイターたちによるトーナメントも行われるのかという質問が出ると、DEEP佐伯氏は「条件が揃う中であれば協力します」、修斗の坂本氏が「ケースバイケースだが、良い案だと思う」と答えるなど各団体ともに前向きな姿勢を見せた。

 記念すべき第一回の“合同新人戦トーナメント”には、各団体からどのような新鋭が選ばれるのか。

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・“ブレダウ”としぞうに敗れた元ムエタイ二冠王・矢島「今は地獄みたいな…」胸中を告白

・NARIAGARIラウンドガールのグラマーさに熱い視線!RIZINガールも協力

・那須川天心がボクシングのプロテストへ!「よろしくお願いします」

・スーパーモデル級美女戦士の“顔が傷だらけ”に!激闘し無敗の6連勝=ベラトール

・話題のラウンドガール波田さん、黒ビキニ再び!念願の屋外サウナも凄すぎる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧