TOP > ニュース 一覧

【ジャパンキック】無敗のJK王者・藤原乃愛が初V戦、唯一ドローの撫子を迎える「なにがなんでも勝たなくては」=3.19

2023/02/10(金)UP

無敗の王者・藤原が1勝1分の撫子を迎えタイトルマッチ

 3月19日(日)東京・新宿FACEで開催されるジャパンキックボクシング協会『KICK insist 15』の対戦カードが発表された。14:00試合開始の第一部と、18:00試合開始の第二部の昼夜制で、第一部のメインでは[ミネルヴァ ピン級タイトルマッチ(3分3R)]として現役高校生王者で、TikTokでも人気の藤原乃愛(ROCK ON)が初V戦。1位の撫子(GRABS)を迎える。

【動画】TikTokでバズった、藤原の「現役jkによるパンチ」

2戦目、藤原(右)は顔面前蹴りで撫子(左)からダウンを奪った

 藤原は鋭いミドルキックを武器とし、現在高校3年生。アマチュアで50戦以上を経験後、21年5月にプロデビュー。昨年5月にミネルヴァ ピン級王者・Ayakaに挑戦すると、フルマークの判定勝利で見事戴冠した。
 その後は王者クラスを含むタイ人ファイターたちに4連勝。現在10戦9勝1分と、無敗街道を驀進する。

 昨年10月には、制服姿でパンチングマシーンに強烈なパンチを叩き込む動画がTikTokでバズるなどし、知名度を上げた。

パンチで撫子(右)が藤原(左)を攻める=1戦目

 対する撫子は北海道出身で、戦績は9戦6勝2敗1分。藤原とは今回3回目の対戦で、昨年1月にはドローも、3月のミネルヴァ ピン級王座挑戦者決定戦では、藤原にダウンを奪われ判定負けしている。
 その後はKROSS×OVER-45kg王者・松本徐倫などに4連勝し、力をつけている。

 藤原はSNSで「3度目の戦い。防衛戦だからとかではなく撫子選手だから負けたくない。あの初戦のドローは忘れられない。なにがなんでも勝たなくてはいけない」と必勝を誓う。

 相手の撫子はSNSで「あの時から1年。あの時と同じ会場。あの時と同じ相手。3度目の挑戦。3度目の正直。これは偶然?必然?運命です」と意気込む。2人の2戦目は昨年3月20日で、今回はちょうど1年後となる。
 2人の思いがぶつかる3戦目の結果はいかに。

三冠王の永澤が強豪タイ人ファイターと対決

 また第二部メインでは、62.5kg戦(3分5R)でWMOインターナショナル ライト級王者・永澤サムエル聖光(ビクトリー)が、元タイ国ムエサイアム パーカン スーパーフェザー級王者ペットプーパン・ソーサクナリンと戦う。

 永澤はWMOタイトルの他にも、ジャパンキック ライト級王座やWBCムエタイ日本統一ライト級王座の経験も持つ三冠王。強打を武器とし、昨年は4戦全勝だ。しかし今月2日にはタイ国ラジャダムナンスタジアムで遠征を行ったが、判定負けした。
 タイ人強豪相手に、ラジャでの敗戦を払拭する再起を果たせるか。

▶次のページ:【動画】TikTokでバズった、藤原の「現役jkによるパンチ」

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・話題のラウンドガール波田さん、黒ビキニ再び!念願の屋外サウナも凄すぎる

・”帝拳”本田会長が那須川天心を高評価「1年以内に日本タイトル絶対獲れる、すごい宝物を預かった」

・安保瑠輝也、愛弟子ジョリーに“鬼化”何度もダウン奪い「プロ目指すのなら倒れるな」=2.19”ブレダウ”で啓之輔と対戦

・無敗の“モデル”美女ファイター、自慢の割れた“美腹筋”を公開、次戦へ順調アピール

・グラドル風吹ケイ、Jカップも割れた腹筋に驚き! 11日には初ラウンドガールに挑戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧