TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】元修斗世界王者の松本光史がキルギスの暫定王者と再起戦=4.30

フォロー 友だち追加
2023/03/15(水)UP

松本光史が再起戦でキルギスの暫定王者と対戦する

 4月30日(日)に東京・立川ステージガーデンで開催される『PANCRASE 333』の追加カードが発表された。ライト級 5分3Rで、修斗第12代世界ライト級王者の松本光史(M PLATIC)がキルギス共和国出身のEFCライト級暫定王者ヌルジャノフ・ルスタムベック(SALAH=サラーフ)と対戦する。松本が松岡嵩志をKOした右フックが、キルギス王者に炸裂するか注目が集まる。

【フォト】松本光史が松岡嵩志を右フックでKOする瞬間

 松本は第12代修斗世界ウェルター級王者。19年10月のONE両国大会では現ライト級王者の久米鷹介に判定負け。その後、修斗の世界王座を返上し20年10月にパンクラスに参戦。昨年9月はアキラとの暫定王者決定戦で敗北し、今回が再起戦となる。

 一方のヌルジャノフは、中央アジアのキルギス共和国出身ファイターでMMA団体のEFCライト級暫定王者だ。元々の体幹の強さを生かした強力な打撃を武器としており、組み技の対応能力にも優れ、総合力が高いという。

 松本にとって国際戦は、18年5月6日に開催された『RIZIN.10』のダロン・クルックシャンク戦以来となる(KO負け)。ここを勝って松本が復活をアピールできるか、それともヌルジャノフが実力を発揮するのか注目の一戦となる。

<決定対戦カード>
▼ライト級 5分3 R
松本光史(M PLATIC/修斗第12代世界ライト級王者/同級2位)
vs
ヌルジャノフ・ルスタムベック(SALAH=キルギス/EFCライト級暫定王者)

▶次ページは、【フォト】松本光史が松岡嵩志を右フックでKOする瞬間

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【パンクラス】松本光史が松岡嵩志を右フックでKO

・【パンクラス】アキラが松本光史にKO勝利でライト級暫定王者に、喜びのドラミング!

・【パンクラス】修斗世界王者の松本光史、王座返上して電撃参戦「パンクラスのベルトを狙う」

・【GLORY】アリスターがドーピング発覚!バタ・ハリ戦の逆転勝利はノーコンテストに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧