TOP > ニュース 一覧

【RISE】志朗がバキバキボディで計量パス、強豪タイ人との世界戦へ「1Rから目を離さないで」

フォロー 友だち追加
2023/03/25(土)UP

志朗(左)とディーゼルレック・ウォーワンチャイ(右)がRISEの世界王座を争う

 3月26日(日)東京・有明アリーナで開催される『Cygames presents RISE ELDORADO 2023』の前日計量&記者会見が25日(土)都内にて行われた。
 メインイベントの「RISE世界バンタム級(-55kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R」に出場する志朗(BeWELLキックボクシングジム)は54.9kg、対するディーゼルレック・ウォーワンチャイ(タイ/ペッティンディームエタイアカデミー/True4Uスーパーバンタム級王者)は54.3kgで両者とも仕上がった肉体で計量パス。その後の記者会見に出席した。

【フォト】志朗がバキバキボディでマッスルポーズ!ディーゼルレックも計量パス

 志朗は「試合までの期間で沖縄合宿、スパーリングも6Rでハードな練習をこなしてきたので『やっと試合を迎えられる』という気持ち。無制限延長ですけど、自分の中では倒せるポイント、技を練習してきたので、明日は期待してください」と意気込む。

 ディーゼルレックからは「パンチとローキックを使って戦いたい」との予告もあったが、「そう来てくれた方が自分にアドバンテージ(がある)。自然と打ち合いになりますし、その部分でも勝てる練習はして来ました」と殴り合いでも上回る構え。「いろいろパターンは考えていて、スタミナ配分も完璧。臨機応変に戦いたいと思います」と無制限延長も問題ないとする。

 一方、意気込みを求められたディーゼルレックは、初のRISE参戦へ「ルールはしっかり理解して守って、技をたくさん出していきます。まあKOしたいと思っています」と宣言。それを聞いた志朗も「長いラウンドはみんな戦いたくないと思う。KOするチャンスがあったら狙っていきたい。1Rから目を離さないでください」とした。

 57.5㎏の那須川天心、65㎏のペットパノムルン・キャットムーオカオに続く世界チャンピオンとなるのは、果たしてどちらか。

<全試合計量結果>
▼メインイベント(第13試合) RISE世界バンタム級(-55kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R
志朗(日本/BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kgトーナメント優勝)→54.9kg
vs
ディーゼルレック・ウォーワンチャイ(タイ/ペッティンディームエタイアカデミー/True4Uスーパーバンタム級王者)→54.3kg

▼セミファイナル(第12試合) ISKA世界ライトウェルター級(-65㎏)王座決定戦 3分5R
原口健飛(日本/FASCINATE FIGHT TEAM/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)→64.8kg
vs
ジェレミー・モンテーリョ(フランス/Kona team/ISKA世界ライトウェルター級オリエンタルルール王者)→64.25kg

▼第11試合 RISEミドル級(-70kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
イ・ソンヒョン(RAON/第4代RISEミドル級王者、第2代RISEライト級王者)→69.95kg
vs
海人(TEAM F.O.D/同級1位、S-cup2018世界王者、第2代SB日本スーパーライト級王者/挑戦者)→69.65kg

▼第10試合 Super Fight!-53.5kg契約 3分3R延長1R
大﨑一貴(OISHI GYM/第2代RISEスーパーフライ級王者)→53.45kg
vs
ハビエル・セシーリオ(スペイン/ELITE GYM)→52.75kg

▼第9試合 Super Fight!-54kg契約 3分3R延長1R
田丸 辰(TRY HARD GYM/初代RISEフライ級王者、初代RISEスーパーフライ級王者)→53.95kg
vs
風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ級1位、RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝)→53.95kg

▼第8試合 Super Fight!-47.5kg契約 3分3R延長1R
宮﨑小雪(TRY HARD GYM/第2代RISE QUEENアトム級王者)→47.4kg
vs
ビョン・ボギョン(韓国/MUYEMARU/KTK女子52kg級王者、KTK女子48級王者、2018年Kick Hero 48王者)→47.1kg

▼第7試合 Super Fight!スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者、第5代RISEライト級王者)→64.95kg
vs
佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第8代Krushスーパー・ライト級王者、第4代Krushライト級王者、K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント準優勝)→64.95kg

▼第6試合 -90kg契約 3分3R延長1R
南原健太(極真会館/RISEヘビー級3位、2022オープントーナメント全日本体重別空手道選手権大会 男子軽重量級(-90kg)優勝)→88.85kg
vs
愛鷹 亮(力道場静岡/初代Bigbangヘビー級王者)→89.7kg

▼第5試合 Super Fight!フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
門口佳佑(EX ARES/第5代RISEフェザー級王者)→57.4kg
vs
新美貴士(名古屋JKファクトリー/第5代Krushフェザー級王者)→57.5kg

▼第4試合 スーパーフェザー級(-60kg) 3分3R延長1R
一馬(MONSTAR GYM/同級1位)→59.8kg
vs
大雅(TRY HARD GYM/同級7位、元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)→58.7kg

▼第3試合 ミドル級(-70kg) 3分3R延長1R
憂也(魁塾/同級4位、第2代DEEP☆KICK-65kg王者)→69.9kg
vs
モトヤスック(治政館/WMOインターナショナルスーパーウェルター級王者、初代JKAウェルター級王者)→69.95kg

▼第2試合 -68kg契約 3分3R延長1R
KENTA(HAYATO GYM/RISEライト級7位、第4代DEEP☆KICK -63kg王者)→68.05kg ※50gオーバー→再計量68.0kg
vs
安彦考真(Executive Fight 武士道/初代EXECUTIVE FIGHT~BUSHIDO-75kg級王者)→67.85kg

▼第1試合 オープンフィンガーマッチ -65kg契約 3分3R
山口裕人(道化倶楽部/WPMF世界スーパーライト級暫定王者、元WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者)→64.85kg
vs
タリソン”Crazy Cyclone”フェレイラ(ブラジル/Champions Factory/SAIKYO GP優勝)→64.65kg

▼オープニングファイト第2試合 バンタム級(-55kg) 3分3R
京介(小比類巻道場/スーパーフライ級7位)→54.95kg
vs
彪司(TEAM TEPPEN/スーパーフライ級10位、King of Rookie 2021 -53kg級優勝)→54.75kg

▼オープニングファイト第1試合 -56kg契約 3分3R
モンタナ・アーツ(オランダ/TEAM AERTS)→55.55kg
vs
きたりこ(FASCINATE FIGHT TEAM)→55.25kg

▶次ページは、【フォト】志朗がバキバキボディでマッスルポーズディーゼルレックも計量パス

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】3.26『RISE』生中継・放送・配信情報、YA-MAN解説チャンネルも

・志朗、ディーゼルレックのミドルに警戒も「圧倒して勝ちたい」

・武尊がRISEのラジオ番組に出演決定「一緒に格闘技を盛り上げたい」=4.6よる

・【RISE】3.26全試合順決定、メインは志朗vsディーゼルレックの世界王座戦、セミに原口健飛vsモンテーリョのISKA世界王座戦

・【ONE】平田樹、元RIZIN女王ハム・ソヒに判定負け、果敢タックルも完封される【ONE】平田樹、元RIZIN女王ハム・ソヒに判定負け、果敢タックルも完封される

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧