TOP > ニュース 一覧

武尊がアベマ専属”PPVファイター”に、最低報酬は1億円「僕がモデルとして活躍する」

フォロー 友だち追加
2023/03/29(水)UP

武尊がアベマとPPV契約を結んだ

 3月29日(水)K-1三階級制覇の武尊(31=team VASILEUS)が29日、緊急記者会見を行い、ABEMAの専属PPV(ペイパービュー)ファイターとなったことを発表した。ABEMAによると、PPVファイターは日本初の試みで、一試合につき1億円の報酬が支払われる。

【フォト】武尊が初のPPVファイターに!会見の様子

 PPVファイターとは、ABEMAのPPVでのみ配信独占される”日本初”の契約。武尊の場合は1試合ごとに最低保証として破格の1億円が支払われ、視聴チケットの売り上げに応じた追加報酬も発生する。武尊の契約期間は未公開。

 会見で武尊は「現役を続けていく上で、モチベーションになります。(PPVファイターは)格闘家や色んなスポーツでプロを目指してゆく選手にとって、未来に繋がるもの。アスリートがもっと認められ、評価され、そこに対しての対価が支払われる。夢のある業界にしていければ。格闘技のワールドカップのような大会を行って、世界中へ配信してもらえたら、さらに発展すると思う。僕がモデルとして活躍して、もっと良い結果を残していければ」と意気込んだ。

 会見には武尊と共に、ABEMAの北野プロデューサーが登場。北野氏は「『THE MATCH』以降、配信される格闘技イベントも増えている。武尊選手とは16年のK-1以来の付き合い。武尊選手のキャリア最終章に貢献出来れば」とPPVが日本で根付きだした現在、功労者の武尊をPPVファイター第一号になってもらったと語った。

▶次のページ:【フォト】武尊が初のPPVファイターに!会見の様子

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・武尊がフランスで世界王座に挑む!相手のサグデンは元GLORY3位の激闘派

・ロッタン、武尊に「戦いたい、リングで会おう」武尊「次戦に向けて」ムキムキボディを公開

・亀田和毅、4・8那須川天心が有利の3つの理由、試合展開も予想

・“空手3段”安藤京香が白ビキニでハイキック!大胆に披露

・”椅子蹴り”ラウンドガールが一転、清楚なイメチェンに「誰だコレ」の声も!本日は”日本初”ビンタ大会ガールに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧