TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】芦澤竜誠、「気持ちが強かった」皇治を評価、YA-MANとの再戦に前向きも「63kgまで落とせ」

フォロー 友だち追加
2023/04/01(土)UP

芦澤は試合後、YA-MANとの再戦の可能性についても触れた

 4月1日(土)丸善インテックアリーナ大阪で開催された『RIZIN.41』のメインイベント(第10試合)RIZIN キックボクシングルール3分3R(61.0kg)で、皇治(TEAM ONE)を下した芦澤竜誠(Battle-Box)が試合後インタビューで試合を振り返り、昨年6月のTHE MATCHで対戦し乱闘も含めて話題になったYA-MANとのMMAでの再戦の可能性についても言及した。

【フォト】芦澤のYA-MANとの乱闘シーン、YA-MANが頭部から出血

 芦澤は「やりました!」と喜びながら会見場に現れると「嬉しい、死ぬほど嬉しい」と感想を述べて笑顔を見せた。そして「それだけやったんで。練習しないで勝つ試合ってあるけど、今回はやってきたんで、周りの力、サポートがあって勝ちにつながったと思っています。前は一人で戦ってきたけど、今回は一人じゃなかったです。この先のMMAもみんなの力を借りていきたいです」と仲間たちに感謝した。

 皇治の印象については、「試合前とイメージは一緒、平本蓮が言っていたように思ったよりもパンチがなかったですね。あとジワジワと攻めてくる殺気、詰めてくる作戦は読んでいたんで。別にボクシングでも勝てると思っていた。それでヒザ蹴りを入れるのが作戦です。インファイトでも俺はヒザがあるので有利でした。最近、皇治選手はボクシングだけやっていたんで、キックとは距離が違う」とイメージ通りに戦えたという。 

皇治を攻略した芦澤(C)RIZIN FF

 ヒザ蹴りを中心に戦ったのは、「YA-MAN戦は特攻精神でパンチでいったけど、俺はもともとヒザの選手なので。YA-MAN戦をパンチで勝っていたら、今回、負けていたと思う。自分のダメなところと良いところを振り返られたのが良かった」と敗戦を糧にしたそうだ。

 皇治にヒットしたヒザは「倒れてもおかしくないヒザを入れたけど、表情に出さなかったですね。気持ち強い選手でした」と驚いたことを明かした。

 今後については「MMAでも頂点目指したいです。そのつもりで戦いたいです。まだMMAは素人なので教わりながら、RIZINのファイターを倒していって革命を起こしたい」と芦澤。MMAの試合時期については、「大晦日までには、やるんじゃないですか。でも、もっと前にやりたいですね」とMMAデビューは、それほど遠くないと明言した。

 MMAでも同じキャラクターを貫くのか聞かれると「俺は別に、ムカつくやつにムカつくと言っているだけで。MMAはスポーツではないので、殺し合いです。殺し合いのつもりでやります」と姿勢は変わらないと断言した。

 YA-MANとのMMA戦での再戦の可能性は、「あいつは66kgまでしか落せないって言っているようだから。俺とやるんなら63kgまで落せよって。俺は62kgで受けたんだから、そこまで落したら大晦日でやっていいよ」と芦澤は条件を出した。

▶次ページは、【フォト】芦澤のYA-MANとの乱闘シーン、YA-MANが頭部から出血

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RIZIN】顔面流血の皇治、地元大阪で屈辱の敗戦!因縁の芦澤竜誠に攻略される

・【RIZIN】皇治、まさかの現役引退を宣言!「大口叩いて負ける意味はよく分かっている」

・【THE MATCH】喧嘩マッチはYA-MANが109秒、左フックで芦澤をKO

・【THE MATCH】芦澤竜誠とYA-MANが乱闘、転倒したYA-MANは出血の事態に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧