TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】オープンフィンガーグローブを導入、笠原弘希「これで鈴木千裕選手と戦いたい」

フォロー 友だち追加
2023/04/12(水)UP

シュートボクシングでオープンフィンガーが導入

 4月30日(日)後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING2023 act.2』の記者会見が12日に行われ、今大会より一部試合が”オープンフィンガーグローブ(OFG)”にて行われることが発表された。今回の大会では、三階級制覇・笠原弘希(シーザージム)ランボー・モー・ラッタナバンディットの一戦と、坂本優起(シーザージム)vs遊笑(Y’s glow)の2試合がOFGとなる。

【フォト】オープンフィンガーグローブの拡大写真

 SBはパンチ・ヒジや蹴りなどの打撃に加え、立関節技、投げ技の成功や投げのダウンによるシュートポイントなど、独自の立ち技ルールを採用している。

 会見にはシーザー武志会長と、笠原、坂本の3名が出席し、今大会からのOFGの導入が発表された。

笠原は鈴木千裕とOFGで戦いたいと言い放つ

 シーザー会長は「OFGは30年間温めてきたもの。シュートボクシング(SB)は最初、OFGでやろうと思っていたが、(グローブ等を製作する)ウイニングに『危険ですよ』と止められた。現在OFGの流れが出てきていて、これだったら原点に戻しても良いかな」と、そもそもSBの立ち上げ時にはオープンフィンガーでの試合を考えていたと言う。

 グローブの他に、ルールは変わらない。
 OFGにすることでの利点について、シーザー会長は「掴みもしっかり出来るし、投げが難しかったのもきっちり決まる。ボクシンググローブだと、投げの時に(組んでいた)グローブが離れてしまったりと、危険でもあった」と、しっかりと組めることで技を出しやすく、安全性も上がると語る。

 グローブは、総合格闘技のOFGをベースとするが、親指部分を取り外すことを考えている。シーザー会長は「(親指部分が)繋がっていると、指が効かず(掴んだ時などに)折れやすい」とより安全性に配慮したいと言う。

 さらに「色んなものがスムーズに、僕が目指したSBが出来るような気がする」と、SBの特色である”立ち技での総合格闘技”により近づくとのことだ。

 全てがOFGに移行するのではなく、希望する選手のみ。
 シーザー会長は「相手のこともあるので」とルールの幅は広く取りたいとしつつ「総合格闘技の選手なんかも、どんどん出てきてもらって結構じゃないかな」とMMAファイターたちへ参戦を呼び掛ける。
 RIZINの榊原代表とも話しており「(OFGでの)シュートボクシングルをRIZINでやってもいいかなと思っている」と、RIZINに新たな風を吹かせたいとも言う。

 同席していた笠原に、OFGで戦いたい相手の幅は広がったかと聞くと「ONEの選手、階級は違うけれどもロッタンとか殴り合いの出来る人とやってみたい。あと総合の人も試合が出来ると思うので、鈴木千裕選手とやりあってみても面白いんじゃないかな」とロッタン、鈴木千裕といった激闘派とOFGで戦ってみたいと名前を挙げた。

 まずは4月30日の大会で、笠原、坂本はどんな戦いを見せるのか。

▶次のページ:【フォト】オープンフィンガーグローブの拡大写真

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RISE】ラウンドガール宮原華音、キックデビュー10日前のバキバキボディ披露

・【フォト】この破壊力!SBラウンドガールが4年ぶり“ハイレグ”コスチューム新調、格闘技界で一番の声も

・まさに那須川天心劇場、あの大技の正体が話題に!

・こめお、”嫌いだった”実兄が登場!「コメ兄強そう」にブレイキングダウン参戦期待も

・ボクシング女子元世界王者・吉田実代、一糸まとわぬ限界ボディも「残せるものは綺麗に残しておきたい」=12日に初写真集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧