TOP > ニュース 一覧

武尊、ONE参戦で「ロッタンしか見ていない」一方ロッタンは…

フォロー 友だち追加
2023/06/29(木)UP

フランスで初の海外戦でKO勝利し、2本のベルトを手にした武尊。次にロッタン戦を再アピール!

 6月24日フランス・パリにて行われた、[ISKA K-1ルール世界ライト級(-61kg級)王座決定戦]にて、最終5ラウンドで見事なKO勝利を収め王座を獲得した武尊。本日29日に記者会見に出席し、新天地『ONEチャンピオンシップ』(以下、ONE)での抱負を語り、改めて、ONEスター選手のロッタン・ジットムアンノン(タイ)との対戦実現を熱望した。

【動画】武尊が鮮烈ハイキックでKO勝利する瞬間

 今年5月はじめにアジア最大級の格闘技団体『ONE』への電撃参戦を発表した武尊。この会見では、今回のサグデン戦に集中しているとの理由で多くを語らなかったが、今回、改めて具体的にその将来的ビジョンを口にした。

見事なハイキックKOで復帰戦を飾った武尊(C)AbemaTV,Inc.

 武尊はONEでの目標について「(自分が)世界一を証明すると言い続けているので、一番を狙うことは変わらない。K-1の強さを世界にアピールしたいという気持ちは変わらない。K-1の王者は世界の王者であることを今も心に留めて戦っている。ONEでは一番を獲りにいく」と意気込む一方で「でも、一番戦いたい相手がいるからONEと契約した訳で、ロッタン選手と試合をやりたいと思っている」と、改めてロッタン戦を強く語った。

 可能であれば、次戦、つまりONE初戦ですぐにロッタンと戦いたいと語る武尊。「とりあえず、今はロッタン選手しか見ていない。これからの格闘技生活は自分に正直に行きたいなと思っているし、自分が戦いたい選手と、それを実現するために、やり切ろうと思っている。今はロッタン選手しか見ていない」と熱くアピールした。

 しかし、その一方で当のロッタンは武尊の試合後に自身のインスタグラムを更新。武尊をタグつけしながら「私の名前を出す前に、まずONEで数試合は勝つべきだ」と、意表を突くメッセージ。これまでロッタンは事あるごとに武尊との戦いを熱望する投稿をしていたが、ここにきてまさかのリアクションだ。

武尊との対戦に興味を示していたロッタンだが、まさかのリアクション@rodtang_jimungnonより

 武尊が戦うであろうONEフライ級キックボクシングのランキングでは、現在、王者がスーパーレック、1位がロッタン、2位がパンパヤック・ジットムアンノン、3位が元シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者の内藤大樹だ。ロッタンは、自分と戦う前に、内藤との日本人トップ対決、もしくは同じジットムアンノンの実力者のパンパヤックに勝利してからと考えるのか。

 武尊はロッタン戦に“こだわる”理由をこう語る。「天心選手に敗れたあと、違う形でのリベンジじゃないですが、格闘家をやり続けるにあたって、誰かに負けたままで終わるのは許せないし、一番を目指さないのであれば、格闘家をやめている。自分の中のケジメとして、もしロッタン選手にKOで勝てば、僕自身が納得できるのかな」と語った。

 武尊がこれまでキャリアの目標にしていたのが、那須川天心に勝つ事。その天心がボクシングに転向し、その雪辱戦の実現は遠い。しかし、その天心が過去、勝利したものの、追い詰められての判定決着だったロッタンをKOでマットに沈めることができれば、武尊の中での“最強”への想いは成し遂げられるという事だろうか。

 果たして、武尊のロッタン戦への願いは届くのか、ONE初戦は誰になるのか、注視したい。

▶︎次ページは【動画】武尊が鮮烈ハイキックでKO勝利する瞬間

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・武尊が衝撃KO勝ちで再起!終了間際の左ハイでISKA世界王座戴冠

・武尊が凱旋、仏パリ激闘の王座戦を振り返る「格闘家としての喜びを感じた」

・武尊、天心戦からちょうど1年「あの負けがあったから命かけられる」

・武尊がONEへの参戦を正式発表「戦いたい相手がいる、K-1代表として殴り込みに行く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧