TOP > ニュース 一覧

【フィットネス】”ビキニ女王”安井友梨、怪我乗り越えたグラマーボディで連覇=全日本マスターズ

フォロー 友だち追加
2023/09/10(日)UP

足指骨折も優雅なポージングで連覇を果たした安井友梨

 9月9日(土)、栃木県総合文化センターにてIBBF 主催『オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップス 』が開催され、ビキニフィットネス35~39歳160センチ超級で安井友梨(39)が出場。約3週間前に左足指骨折で全治1年と言われたが、それを思わせない優雅なポージングで優勝。年齢、階級全てのビキニ優勝者で競われたオーバオールでも優勝し連覇を果たした。

【フォト】安井友梨が魅せた!大会でのグラマーな”ビキニ”ポージング

総合優勝した安井

 優勝した安井はステージ上で感激の涙。この怪我のプレッシャーもあっただろう。
 安井は先月中旬、ジムのロッカーに保管していた重さ15キロの鉄のトレーニング器具が、ロッカーを開けたタイミングで落下、裸足の左足の上に落ち、左足指基節骨骨折で全治1年。手術が必要で、ヒールを履くことは無理と医師から告げられたが、手術をしないで治療を続け、大会出場を目指すことを決断。辛いリハビリをしながら連覇を目指してのトレーニングを開始した。

バックポーズ、足の指骨折も2週間後にはスクワット、美しいヒップも披露した

 怪我をして2週間後にスクワットができるまで回復、筋トレとポージング、体重調整、そして鍼治療などのリハビリもギリギリまで行なってきた。

 優勝した安井は自身のSNSで「奇跡をありがとうございました。皆さんのおかげで、ステージにたてました。明日も頑張ります」と綴っている。

 今回は35歳以上のマスターズ大会だったが、10日は年齢制限のない「オールジャパン・フィットネスチャンピオンシップ」のビキニフィットネス163センチ超級にもエントリー。大会8連覇なるか。この大会は世界選手権の日本代表候補の選考となる。ここで優勝し念願の世界一につなげたいところだ。

▶︎次ページは【フォト】安井友梨が魅せた!大会でのグラマーな”ビキニ”ポージング

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・“ビキニ女王”安井友梨、足指骨折も「出場諦めない」トレーニング再開

・“ギュン”と上がったお尻を武器にタレント・奈月セナが健康美コンテストでグランプリ

・“筋肉女子”ちゃんよた、過酷な下半身トレで”脚をもっとデカく”その理由とは

・【フォト】“ビキニ女王”ダンシーあずさ、全日本5連覇へ割れたボコボコ腹筋公開!彫刻ボディに驚きの声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧