TOP > ニュース 一覧

ブアカーオの相手「ヒザ蹴りなんて聞いてない!」試合中に突然ボイコット、1時間騒ぎ続けノーコンテストに=中国

フォロー
2023/09/26(火)UP

ブアカーオがまたもノーコンテストに

 9月24日(日・現地時間)中国・広州のキックボクシングイベントに、ブアカーオ・バンチャメーク(41=タイ)が出場。中国の映画スターでキックボクサーでもあるワン・ヤンロン(33=中国)と対戦したが、1Rでヤンロンの試合拒否によりノーコンテストとなった。
 ヤンロンは1Rから度重なるバックキックによる金的攻撃を行うも、ブアカーオがヒザ蹴りを放つと、即座に「反則だ」と主張し、続行を拒否。場内は1時間近くも混乱が続き、挙句にヤンロンは「MMAならやる」とルールの変更を要求した。

【フォト・動画】ブアカーオのヒザ蹴りに突然怒り出し、ボイコットし大騒ぎする相手

 ブアカーオは9月9日、タイのラジャダムナンスタジアムで、城戸康裕と戦い、バッティングでノーコンテストになったばかり。

 相手のヤンロンはアクション映画のスター俳優。キックボクサーとしては、カンフーをバックボーンとし、クンルンファイト等で活躍。18年には総合格闘技にも挑戦した。

 試合は開始直後から、ヤンロンがブアカーオのスネや腿をバックキックで攻めるも、何度も金的にヒット!注意の後も金的攻撃を止めないヤンロンに、ブアカーオは距離を詰め、パンチ、両手で組んでのヒザでやり返す。

 この首相撲からのヒザはルール違反のようで、主審が引き離すも、ヤンロンが猛抗議!”お話にならない”とばかりに手を振り、続行をうながされても拒否する。

 主審の説得で数分後に試合は再開されたが、ブアカーオが左手で頭を一瞬つかんで右ヒザを出すと、ヤンロンがまたも試合拒否。
 主審は続行をうながすが、ヤンロンはロープにもたれ背を向ける。

 どうやらヤンロンは”ヒザ蹴り”そのものが反則だというルール認識で、試合を受けていたようだ。
 ヤンロンの戦ってきたクンルンファイト等も、ヒザ蹴りは反則ではないが、ヒザを得意とするブアカーオ戦では、ヒザ無しルールの話も出ていたのかもしれない。 

 困った主審はブアカーオに「”ヒザ無し”ルールで続行しないか」と問うも、ブアカーオ陣営は拒否。
 ヤンロンも試合続行を拒否し、なぜか引き分けとなってしまった。ブアカーオは困惑顔だ。

 リングでは混乱が収まらず、ヤンロンはマイクで「ブアカーオはヒザ蹴りという反則をし続けた」と主張、さらに「ヒザ蹴りをしたいなら、再戦はMMAでやろうじゃないか」とMMA戦を要求するも、ブアカーオ陣営とは折り合わなかった。

 場内の混乱は1時間以上も続き、収拾のつかなくなった運営側がリングに上がり、引き分けではなく「ノーコンテスト」を宣言しイベントは終了した。

 今回の件は中国の格闘技界でも問題になっており、運営のずさんさや、ヤンロンに対し「ヒザ蹴り無しのキックルールなんて聞いたことがない」「スポーツマンシップが無さすぎる」など批判されている。
 ヤンロンは25日、SNSで自分のバックキックは、全て金的ではなくブアカーオの腿に当たっており、反則ではなかったと主張しており、さらに炎上している。

▶次のページ:【フォト・動画】ヤンロンの金的攻撃の嵐!ブアカーオのヒザ蹴りには試合拒否の様子

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【RWS】ブアカーオvs城戸康裕のレジェンド対決、まさかのノーコンテスト!城戸がバッティングで大流血

・【ボクシング】10.1カネロ戦へ向け、チャーロの”恐るべき”失神KO映像を公開!

・武尊がノンオーに蹴られ、脇腹に”指の跡”までクッキリ!まるで漫画みたいな戦慄の光景

・“RIZINガール”白担当、鍛えた美脚で華麗に舞う!実は有名ショークラブのダンサーだった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧