TOP > ニュース 一覧

YA-MAN、朝倉未来への“決別宣言”の理由を告白

フォロー 友だち追加
2023/10/19(木)UP

YA-MAN(右)が朝倉未来(左)への“決別宣言”について語った

 10月19日(木)都内にて記者会見が行われ、RISEやRIZINのリングで活躍するYA-MAN(27=TARGET SHIBUYA)が、自身も参戦するオープン・フィンガー・グローブ(OFG)キック大会『FIGHT CLUB』をプロデュースすることを発表したが、先日に“決別宣言”した朝倉未来についても言及。その理由を「何も学ぶものはない」と切り捨てた。

【フォト】YA-MANが朝倉未来に一本負け!/“決別宣言”したSNS投稿

 YA-MANはキックとMMAの二刀流を極めるため、キックと並行して長南亮が主宰する総合格闘技ジム TRIBE TOKYO MMA、そして朝倉未来が所属するトライフォース赤坂(現:JAPAN TOP TEAM)にも通っていたが、今月初旬に自身のSNSで“もうトライフォース赤坂には行かない”と投稿し、決別宣言をしていた。

ケラモフのチョークスリーパーに苦しむ未来(会場内スクリーンの写真)

 YA-MANは改めて、未来への思いを尋ねられると「本当、Twitterに書いたまんまです。自分がMMAを始めたきっかけがあの人で、 ケラモフ戦前までは一緒に練習してました。ケラモフ戦が終わってから、なんか本当に練習も全然来てないし、この人についていっても何も学ぶものはないなと」と、ケラモフ戦以降、“抜け殻状態”になった未来を見て失望したという。

 続けて「最近の試合、 すごいつまんないと思うんすよ。昔の試合って凄いストリートを感じたんですよね。 絶対勝ってやるとか、本当に路上を感じたというか、でも、最近の試合では、ただの競技者になっちゃってますよね。勝ちに徹するというか、昔のギラつき感がないというか」と、YA-MANの目線からは、未来の試合はその“ギラギラ”感がなくなったようだ。

 YA-MANは今後はTRIBE TOKYO MMAで、世界を目指している選手と一緒に切磋琢磨したいと語った。

 選手としての練習環境については“決別”した両者だが、その繋がりが完全に切れたわけではない。実際、YA-MANは現在、11月開催予定のブレイキングダウン10へ向けての「喧嘩自慢地区対抗戦」の大宮地区を担当しており、“ビジネス”的には関係ある状態だ。果たして、二人の関係は今後どうなっていくのか、動向に注目だ。

▶︎次ページは【フォト】YA-MANが朝倉未来に一本負け!/“決別宣言”したSNS投稿

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・YA-MAN、朝倉未来との決別宣言に「一体何があった!?」「未来はそのまま終わらない」ファンざわめく

・YA-MAN、自身も参戦するOFGキック大会をプロデュース!「朝倉未来や平本蓮の試合より全然面白い」

・平本蓮と芦澤竜誠が大みそかへ向け練習開始!スパーリングも

・“格闘家”ラウンドガール宮原華音、鍛えた黒ビキニ姿で初表紙!「チェックして」

・【RISE】YA-MAN、3度のダウンを奪い返し逆転で初代OFG王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧