TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】小笠原瑛作、2試合連続の秒殺KOを宣言!「30秒以内で倒す」=公開練習

フォロー 友だち追加
2023/10/20(金)UP

小笠原瑛作が公開練習を行った

 115日(日)東京・後楽園ホールで開催される MAROOMS presentsKNOCK OUT 2023 vol.5』でウィン・シットチェニイム(23=タイ)と対戦する小笠原瑛作(28=日本/クロスポイント吉祥寺)が19日、所属ジムにて公開練習を行った。
 この試合は、オープンフィンガーグローブ(以下OFG)使用によるRED(ヒジ有り)ルール。今年8月のONEで31秒のKOを見せた小笠原だが、今回は「30秒以内で倒す」と宣言した。

【フォト&動画】小笠原が迫力のスパー!ONEでの秒殺KOも

 小笠原は持ち前のスピードで“スピードアクター”の異名を取る、KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級(-55.0kg)、フェザー級(-57.5kg)の2階級制覇王者。今年3月大会ではルンピニースタジアムで3階級制覇を達成した超強豪ロンナチャイ、6月にはトンミーチャイ・FELLOW GYMに勝利。続く8月にはONE Friday Fightsに出場すると、ヨッドウィッタヤ・ペッチョンプーに初回秒殺KO勝ちを収めている。
 対するウィンは、85戦65勝(25KO)20敗という戦績で、ボクシングアジア大会優勝の実績を持つ。当初小笠原の相手はパンサック・ウォーワンナッタウイが予定されていたが、10月6日に行われた『ONE Friday Fights』にて初回KO負けを喫し来日が不可能となったため、変更となった。

 公開練習では、OFGを付けて鈴木千裕、不可思と2分ずつのスパーリングを行い、鋭いミドルキックを蹴り込むなど、迫力のスパーを見せた。

小笠原はウィン・シットチェニイムと対戦する

 小笠原は同大会のメインを務めるが、試合について「ONEでOFG経験しているとはいえ、30秒だったので今回改めてOFGがどんなものなのか分かる試合になると思ってます。やっぱグローブが小さいので倒せる確率がすごく高くなるし、僕のために用意された大会と言っても過言ではないと思ってるので、ラスト締めて終わりたいと思ってます」と意気込む。

 相手の印象に関しては「ちょうど1週間前ぐらいに変わって、(映像を)見た感じ首相撲の選手です。首(相撲)も強いんだけどテクニックもあるみたいな、上手さのあるリズムの選手」と抜かりはない。

 OFGという事で練習を変えたりしたか聞かれ「グローブが小さい分、間を抜けてくるので、ブロックというよりは足を使って距離で外す事を意識して練習してます」と答えた。

 前述の通り、8月のONEでは31秒のKOを見せたが、今回も秒殺を狙うか問われ「当たれば倒せると思うので、1Rで倒したい。30秒より早い秒数で倒せたら1番スッキリします、30秒以内で倒したいですね」と前回を超える秒殺KOを宣言した。

鈴木も太鼓判を押した

 ONE参戦前に、MMAで多くのOFGマッチを経験してる鈴木から教わってると話していた。現在のOFGの手応えについて改めて小笠原に尋ねると「やっぱミットとか打ってても拳に伝わる感触とか全然違う。あとスピードに自信持ってるので、OFGになると余計に早いですよね。だから、それが試合で見せられるんじゃないかと思います」とスピードの違いを強調。

 鈴木も小笠原のOFGを「明らかに軽くなるので、スピードがとにかく上がる。多分試合だったら人間が反応出来るスピードを超えてくると思うので、(相手は)見えないんじゃないですか。そのスピードを先輩(小笠原)だったら3分3R、落ちないまま出し切れると思うのでKOは必然だと思います」と太鼓判を押した。

 大会のメインを飾る小笠原だが、宣言通り30秒以内でのKOは見られるだろうか。

▶︎次ページは【フォト&動画】小笠原が迫力のスパー!ONEでの秒殺KOも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】“ONE凱旋”の絶対王者・小笠原瑛作、OFGヒジありでムエタイ戦士と激突!

・【KNOCK OUT】重森陽太、元ルンピニー王者との初オープンフィンガー戦に「どれだけ面白い試合して、ファンを巻き込めるか」=公開練習

・朝倉海にスパーリング挑んだ62歳「身体は目標持つと進化する」海「パンチが重い」

・“後頭部ヒジ攻撃”危険すぎる反則!“被害”選手の流血に「永久追放だ」と炎上

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧