TOP > ニュース 一覧

【RISE】加藤有吾と有井渚海がバンタム級ランカー対決=12.10

フォロー 友だち追加
2023/11/03(金)UP

加藤有吾vs有井渚海

 12月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE174』の追加対戦カードが発表された。[バンタム級(-55kg)3分3R延長1R]として、加藤有吾(RIKIX/同級3位)と有井渚海(ARROWS GYM/同級9位)のランカー対決が決定した。

【動画】会場は大盛り上がり!加藤が見せた大﨑孔稀との激闘

 加藤は19年にWMC日本スーパーバンタム級王座を獲得。22年からRISEに参戦し、翔磨、大森隆之介、京谷祐希、鷹介ら強豪を次々と撃破した。今年8月には昨年5月に敗北を喫している大﨑孔稀とタイトル挑戦権を懸け再戦するもリベンジならず。しかし、RISE伊藤代表が「RISEの教科書のような戦いだった」と称する程の激戦で負けても評価を落とす試合ではなかった。

 対する有井は高校生の時にABEMAの恋愛番組に出演し「イケメン格闘家」として脚光を浴びた22歳。昨年10月は彪司からダウンを奪って勝利を収めるも、12月のSBとの対抗戦で後にSBスーパーバンタム級王者となる山田虎矢太にKO負けを喫し、今回が1年ぶりの再起戦となる。

稲井良弥vs石川泰市

 続いて[ウェルター級(-67.5kg)3分3R延長1R]で稲井良弥(TARGET/同級1位)vs石川泰市(Ten Clover Gym/同級3位)。稲井は21年に無敗でDEEP☆KICK-70kg級王座を獲得。昨年5月に中野椋太に初黒星を喫したが、同年9月には進撃の祐基をKOでリングに沈めDEEP☆KICK王座を防衛、今年に入り2月に青木洋輔、7月に實方拓海を撃破し、10月には地元・徳島で行われた『DEEP☆KICK TOKUSHIMA』で龍威地を1R KOで下し2度目の王座防衛を果たしている。

 対する石川はトリッキーかつ的確に相手の弱点を突くテクニカルなファイトスタイルで昨年のStand up新人王を獲得。今年5月にRISE初参戦を果たすと、都木航佑からダウンを奪い判定勝利、7月にはベテランの中島将志を1R KOでリングに沈めている。

平野凌我vs拳剛

 さらに、[フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R]で平野凌我(MTS/同級3位)vs拳剛(誠剛館/同級9位)。平野はRISEに20年から参戦し、22年3月には梅井泰成とフェザー級王座決定戦を行い僅差の判定負けでベルトに手が届かなかった。約8か月ぶりの再起戦となった同年12月の澤谷大樹戦で1Rにダウンを奪い判定勝利を収め、今年6月にはRIZINに参戦し山川賢誠にKO負けを喫したものの、翌7月には大阪の大会で横野洋に判定勝利を収めている。

 対する拳剛は第5代DEEP☆KICK-55kg級王者。21年4月より3連勝を飾り、昨年1月にはバンタム級王者・鈴木真彦の保持するタイトルに挑戦するも1R KO負けを喫しタイトル獲得ならず。今年2月の山元剣心戦より階級をフェザー級に上げ、判定勝利を収めている。

 上記を含む8カードが今回追加で決定した。

<追加対戦カード>
▼バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
加藤有吾(RIKIX/同級3位、WMC日本スーパーバンタム級王者)
vs
有井渚海(ARROWS GYM/同級9位)

▼ウェルター級(-67.5kg)3分3R延長1R
稲井良弥(TARGET/同級1位、第4代DEEP☆KICK-70kg級王者)
vs
石川泰市(Ten Clover Gym/同級3位、Stand Up King of Rookie 2022 -67.5kg優勝)

▼フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
平野凌我(MTS/同級3位)
vs
拳剛(誠剛館/同級9位、第5代王者DEEP☆KICK-55kg級王者)

▼フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
白石 舜(TEAM TEPPEN/同級8位)
vs
戸井田大輝(戸井田ジム/同級13位、MA日本スーパーバンタム王者)

▼ライト級(-63kg)3分3R延長1R
基山幹太(BELLWOOD FIGHT TEAM/同級11位、SB日本ライト級2位)
vs
陽勇[ひゅう](TEAM3K/同級14位、Stand Up King of Rookie 2022 -65kg優勝)

▼スーパーライト級(-65kg)3分3R
将太(KSS健生館/2022年RISE Nova 全日本大会 -70kg級トーナメント優勝)
vs
山﨑一央[かずてる](TEAM TEPPEN)

▼フェザー級(-57.5kg)3分3R
G-REX(TEAM TEPPEN)
vs
岩永勝亮[しょうすけ](OISHI GYM/第4回W・K・Oジャパンアスリートカップ決勝大会 高校男子の部(65kg未満)優勝)

▼フライ級(-51.5kg)3分3R
柊真(新潟誠道館/Stand Up King of Rookie 2022 -51.5kg優勝)
vs
ブラックシーサー颯太朗(TEAM TEPPEN

▶︎次ページは【動画】会場は大盛り上がり!加藤が見せた大﨑孔稀との激闘

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【既報カード】王者・鈴木真彦がV3戦、大﨑孔稀に圧勝予告!「攻めて倒しに行く」

・【RISE】風音、24歳で引退表明!親友・政所仁との二度目の対戦で決意、その思いを語る

・YA-MAN、朝倉未来の挑発に「幻想を抱きすぎ」と怒りの反撃!

・前代未聞“ボディペイント”計量で話題の美人ボクサー、王座奪還に向け豪快シャドー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧