TOP > ニュース 一覧

【ONE】吉成名高、武尊vsロッタンを予想!名高が語る勝敗を分ける鍵とは?

フォロー
2023/12/04(月)UP

来年1月、ロッタン(左)vs武尊が行われる

 吉成名高が2日、元プロボクシング日本スーパーライト級王者・細川バレンタインのYouTubeチャンネルに出演。対戦が発表されたばかりの、武尊vsロッタンについて予想した。名高は動画で、勝敗の鍵となるのは、武尊のインローキック(以下インロー:相手の前足内側の太腿を蹴る)や、開催地、気候、グローブなど勝敗の要素を述べた。

【フォト&動画】武尊がインローからパンチでKO!ロッタンの弱点も!名高の予想動画も

 来年1月28日(日)に東京・有明アリーナにて開催される『ONE165 Rodtang vs. Takeru』。同大会はケージではなくリングで行われ、武尊とロッタンの試合は、3分5Rのフライ級キックボクシング“スーパーファイト”でノンタイトル戦。着用するのはオープンフィンガーグローブ(OFG)ではなくキックボクシンググローブだ。

 まず、勝敗の結論を聞かれた名高は「武尊選手が勝つと思います」と武尊の勝利を予想。その理由を詳しく語った。

19年、ヨーキッサダーにインローの連続からパンチに繋げ2RにKO

「日本で開催ですし、1月なので寒いじゃないですか、タイ人は寒いの苦手だからコンディション作りも大きく変わってくる。そこは武尊選手が少し有利かと思います」と話す。加えて「ロッタン選手は最近OFGでやってるのに対して、武尊選手はずっとやってるキックボクシンググローブなのでそこの違いは少し出るかと思います」と気候とグローブの点で若干武尊が有利と説明。

 続けて「打ち合いだったら武尊選手が勝つと思います」という名高。「武尊選手は被せるパンチがめちゃくちゃ上手い、伸ばしてる相手のパンチに被せるような。これタイ人で出す選手がなかなかいないので、(ロッタン選手は)もらうんじゃないかと思う」と武尊の被せるパンチが、ロッタンにヒットするのではないかと分析。

ローを嫌がるロッタン(18年裕樹戦)

 そして、勝敗を分けるポイントについては「(武尊選手が)前足で蹴るインローが鍵になる。ロッタン選手がそれ(インロー)をカットするかしないかで変わってくる。(ロッタン選手が)RISEで裕樹選手と対戦した時にローを効かされたんですよ。その後はさすがの対応力で勝ったんですけど、そのシーンを見ると(武尊選手に)ローを効かされたら厳しくなるんじゃないかと思います」と、18年に行われたロッタンvs裕樹を例に出した。
 確かにこの試合では、ロッタンが2度のダウンを奪い判定勝利したものの、裕樹のローを嫌がり、足がそろってしまう場面があった。

 これまでも、インローの連打からパンチに繋げKOを量産してきた武尊。今年10月には自身のSNSで「練習後にインローの確認」とインローを磨いている様子も投稿していた。名高の話す通り、武尊のインローが勝敗に大きく関わってくるかもしれない。

 細川バレンタインはボクシングのみならず、様々な格闘家との対談や予想を自身のYouTubeチャンネルで行っている。今回の動画でも、名高が武尊やロッタンと戦うとしたらどうするか、さらには細川の勝敗予想、両者の殴り合いに関して元ボクサーならではの鋭い視点で解説していた。気になる方は動画をチェックしてみてはどうだろうか。

▶️次ページは【フォト&動画】武尊がインローからパンチでKO!ロッタンの弱点、名高の予想動画も

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【ONE】武尊、ロッタンとの“世紀の一戦”に「世界最高の殴り合いできる」

・【ONE】日本大会で武尊vsロッタン決定!青木真也はノースカットと対戦=1.28有明

・吉成名高の”神業”ハイキックKO動画が話題「ギア上げろ!」と指示の直後に…

・【ビッグバン】城戸康裕、草・MAXを芸術的なハイキックでKO!愛鷹亮、最後の勇姿を妻・元AKB佐藤すみれに見せプロレス転向宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧